にゃんこメモにゃんこメモ

アイフルの利用申し込みや借入返済の方法を詳細解説

アイフル

このぺージでは、カードローンの『アイフル』の申込方法や借入・返済の流れを解説していきます。これを読めば、カードローン初心者の方でも、すぐにアイフルの利用方法がわかりますよ!


なお、この記事では、基本的な契約~借入方法を解説していきます。
『契約して、その日のうちに借りる最短即日融資(※1,※2)』については、次の記事をお読みください。

アイフルの利用条件と必要書類

まずは、“アイフルを利用できる人の条件”を見ていきましょう。

利用できる人の条件

満20歳以上、70歳未満
定期的な収入と返済能力を有する方
アイフルによる基準を満たす方

ひとつめは年齢の基準ですね。

ふたつめの「定期的な収入と返済能力」とは、“借りたお金をきちんと返せる人”ということ。
「定期的な収入」には、パート、アルバイト、派遣社員なども含まれます。 なので、こうしたスタイルで働く方でも、アイフルは申込可能なんですよ!

みっつめの「アイフルによる基準を満たす方」というのは、カンタンに言えば“審査に通ること”です。

必要書類

アイフルの場合、必要書類の提出は、“申込をし、審査に通った後、契約するとき”になります。

本人確認書類
原則、運転免許証。交付を受けていない方はその他身分証明書等

収入証明書
50万円以内なら収入証明不要!

※アイフルの利用限度額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。
直近の給与明細や課税証明書などが、収入証明として利用できます。

 

アイフルの申し込み方法

アイフルには、電話、WEB、来店、無人契約コーナーなどの様々な申込方法があります。私としては、「WEB申込」がもっとも時間も手間もかからず、スムーズだと思います。

アイフルのWEB(インターネット)申込

アイフル公式ページから、お手元にあるスマートフォンやパソコンで、すぐに申し込みできます。
混雑などの影響をあまり受けにくく、お店等にでかける必要もないので、時間もあまり掛かりません。また、直接話さなくて良いので、不安のある方も安心して利用できると思います。

その他のアイフル契約方法

電話:専用のコールセンターに電話をして申し込む方法です。
来店:アイフルのお店に行き、申し込みをします。
郵送:書類の郵送で申し込みをします。
契約ルーム:無人契約コーナーに行って申し込みをする方法です。

 

アイフルの仮審査と本審査

契約の申込をすると、アイフルにて審査が行われます。
この審査にあたっては、利用者がすることは、特になにもありません。最短30分ほどで結果が出るので、それを待つことになります。

アイフルの審査基準

審査の基準は、公式には公開されていません。ただ、これは他社の消費者金融や銀行のカードローンでも同様です。

あくまで一般論ですが、まず「個人信用情報機関(JICCやCIC)」に照会が行われるものと思います。ここには、今までの信用取引(ローンやクレジットなどの利用履歴)が記録されています。この記録を見て、与信判断が行われるようです。

個人信用情報に、債務整理や長期の滞納などの事故情報が記録されていると、いわゆる「ブラックリストに載っている」状態と言えるでしょう。そうなると、審査に通る確率も下がってしまうと考えられます。

逆に言えば、明確にブラックリストだという方でなければ、他社借入があっても審査に通る可能性もあると言えるでしょう。

アイフルの審査は甘い?ゆるい?

審査基準が公開されていないので、「審査が甘い」とも「審査が緩い」とも言い切れません。
ですが、体験談や口コミで「自分ではダメだと思ったけど、審査に通ってお金を借りれた」という声も比較的あります。個人的には、感覚やイメージで思うよりは審査に通りやすいのかな、という気がしています。

 

アイフルの在籍確認と本人確認

『職場への在籍確認』と、『申し込みの本人確認』のため、電話連絡があります。本人確認(本確)は本人連絡先に、在籍確認(在確)は職場の連絡先に電話が掛けられます。

どちらの電話連絡も、ほかの人に「アイフルに申し込んだ」と知られないように、プライバシーに徹底した配慮が行われています。たとえば在確電話は、担当者がアイフルと名乗らず、個人名で電話をかけるようになっています。

 

アイフルの契約・カード発行

審査に通ると、契約となり、契約書とローンカードが発行されます。
アイフルの場合、この契約手続きを郵送で行う方法と、無人契約コーナーに行って行う方法があります。

郵送で契約する

郵送で契約書とカードを受け取り、契約する方法です。
アイフルは『本人限定受取郵便』に対応しているため、郵便物を郵便局で受け取ることも可能です。

無人契約コーナーで契約する

お近くのアイフル無人契約コーナーに行き、そこで契約手続きをする方法もあります。郵送よりも時間が掛からないので、急ぎの場合は、『WEB申込→無人契約コーナーで契約』の方がオススメです。

 

アイフルの借入方法

アイフルには、さまざまな借入方法が用意されています。
もっとも身近なのは、コンビニなどにある提携ATMの利用(※3)だと思います。そのほか、お近くにアイフル無人契約コーナーのある方は、そちらも便利に利用できますよ!

このほかにも借入方法が用意されているので、詳しく知りたい方は、ぜひアイフルの公式サイトでチェックしてみて下さいね。

 

アイフルの返済方法と返済日・最低返済額

返済方法

コンビニなどの提携ATM(※3)のほか、振り込み、口座振替、アイフル店舗や無人契約コーナーにて、返済手続きが行えます。

返済日

毎月一定の日に返済する『約定日制』と、35日ごとに返済する『サイクル制』があります。

アイフルの返済日について
約定日制 月々の決まった日が返済期日となる方式です。何日を返済期日とするかは、自分で設定できます。
返済期日までの10日間が返済期間となり、この間に返済を行います。
サイクル制 35日ごとに返済期日となる方式です。初回は借入から35日後、2回目以降は前回返済から35日後が返済期日になります。
返済期日の前であれば、いつでも当月分の返済が可能です。
最低返済額

アイフルの返済方式は、『借入後残高スライド元利定額リボルビング方式』となります。(※4)
貸付利率、借入金額、借入残高、利用日数などにより、月々の返済額は変わってきます。アイフル公式ページに返済シミュレーターがあるので、これを使って確認してみて下さいね!

 

アイフルの利用方法の感想とメリット・デメリット

最後に、アイフルの利用方法について、メリットに感じた部分、デメリットに感じた部分の感想を書いていきます。

メリットだと思う部分

いろいろな借入・返済方法がある

コンビニなどの提携ATM(※3)だけでなく、振込や無人契約コーナーなど、いろいろな方法が用意されています。さすがにアイフルは業界大手だけあって、サービスが充実していると思いました。

約定日制なら、返済日を自分で決められる

『約定日制』で返済する場合、毎月〇日…という返済日を、自分で決められます。なので、たとえばお給料日を返済日に設定しておくなど、返済に困らない工夫ができるので、本当に便利です。これだけを見ても、アイフルを選ぶ大きな理由になりますよ!

本人限定受取郵便が利用できる

契約時の書類・カードの郵送など、本人限定受取郵便も利用できます。この方法を使えば、郵便物を郵便局で受け取ることも可能。家族に対してもプライバシーを守りやすい仕組みです。
実は、この本人限定受取郵便に対応したカードローンは、アイフルの他には数えるほどしかないんですよ!

デメリットだと思う部分

仕組みが少しわかりにくい?…実際はカンタン!

最初に調べたとき、利用方法などがいろいろ選べるので、逆に「仕組みがちょっと複雑かな…」と思いました。ただ、実際にはそれほど難しいことはなく、カンタンに利用できます。

混雑で時間が掛かる場合も…早めのWEB申込で!

もう一つデメリットかな…と思ったのは、『混雑が予想される場合がある』ことです。アイフルは超有名大手のカードローン。人気も高いので、申し込みや問い合わせが殺到し、混雑で時間が掛かってしまうと予想される時もあります。
混雑を避けてスムーズに借入するためにも、早めのWEB申込がオススメです。

アイフルで借りる
公式サイトはこちら

 

 

(※1)お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
(※2)ご連絡いただいた時間帯等によっては、お急ぎのご融資のご希望に添えない可能性がございます。
(※3)アイフル提携のコンビニATMやキャシュディスペンサー(CD)にて可能です。別途、ATM/CD使用手数料が発生します。
(※4)平成23年9月3日以前にご契約の方は、『元金定率リボルビング』方式になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ