にゃんこメモにゃんこメモ

アイフルは自営業や個人事業主でも審査に通って融資可能になる?

アイフル

カードローンのアイフルは、自営業や個人事業主でも利用できるのでしょうか?利用条件や審査の基準などを調べてみました。

アイフルは自営業や個人事業主でも利用できる?

まずは、アイフルの利用条件を見てみましょう。

<利用できる人の条件>

満20歳以上、70歳未満
定期的な収入と返済能力を有する方
アイフルによる基準を満たす方

職業に関する決まりは無いので、自営業や個人事業主でも、審査に通れば利用できそうに思えます。

『自営業で収入が不安定だから…』と心配になる方も、いるかもしれません。ですが、そうした点は“審査”で変わってくる部分ではないでしょうか。審査については後ほど説明していきます。

まずは、『自営や個人事業だから、という理由で断られる心配はなさそう』と考えておきましょう。

 

生活費として借りることはできる?

『個人事業主』だからといって“貸付金の使い道”は限定されてしまうのでしょうか?

アイフルの『キャッシングローンのお申し込みページ』(※1)で、ご利用目的を選択することができますが、そこには以下のものが記されています。

生活費、レジャー、冠婚葬祭、物品購入、旅行費用、引越費用、教育資金、事業資金、その他

これを見ると、生活費だけでなく様々な利用目的を選べることがわかります。

また、『事業資金』を目的とした融資の申込もできる事がわかりました。


ですが、アイフルでは通常の『キャッシング(カードローン)』以外にも、『事業サポートプラン』というローンも提供しています。
こちらは、貸金業法の総量規制の例外となる『個人事業者に対する貸付け』にあたるもので、他社借入を含め年収の3分の1を超える融資の申込も可能です。

ただしこの場合、借りたお金を『事業性資金』以外に利用することはできません。
「事業用としても使い、一部は生活の足しにする」といった使い方はできないことを留意しておきましょう。

一方、通常の『キャッシング(カードローン)』は、前述のように利用目的の範囲が広いので、柔軟な使い方ができると思います。

そこで、ここから先は、通常の『キャッシング(カードローン)』に限定して話を進めていきたいと思います。

 

自営業や個人事業主はアイフルの審査に通る?

それでは、自営業や個人事業主で、アイフルの融資審査に通るかどうか、また通るコツなどをチェックしてみましょう。

収入証明書は用意しておいた方が良い

まず、手続き的な部分です。
アイフルの申込には、本人確認書類と、収入証明書が必要になります。ただし収入証明書は、

“当社ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要”

となっているため、この条件に当てはまらない場合は、収入証明書ナシで済みそうですよね。

とはいえ、自営業や個人事業主の場合、『念のため、収入証明書をお見せいただけませんか?』と言われる可能性も、ゼロではないと思います。そうした場合に備えて、少額の借入希望の場合でも、収入証明書(確定申告書など)を用意しておいたほうが良いでしょう。

経営年数や事業規模はあまり関係ない?

個人事業主に対する融資の審査…というと、『経営年数』『事業規模』も注目されそうなスペックですよね。
ですが、こうした項目に関しては、さほど大きく考えなくても良いのかな…と個人的には思っています。

まず『経営年数』や『事業内容・事業規模』といった要素は、”事業に対する評価”の指針と言えるでしょう。

ですが、アイフルのキャッシングローンは“一般消費向けカードローン”。経営年数や事業規模・事業内容などは、あまり審査に大きく影響しないのではないかと思います。

ただ、個人事業主や自営業者にとっては、こうしたバロメーターがそのまま自身の年収=返済能力に関係してきます。ですから、場合によっては『ご事業についてお教えいただけますか?』といった確認があったり、収入証明書を求められる場合も、あるかもしれませんね。

スコアリングでは、パート・アルバイトよりも自営業のほうが高い?

これはあまりしっかりした根拠のある話ではありませんが…。

カードローンの審査では、『スコアリング』という手法が取られる場合もあります。このスコアリング審査では、実はパート・アルバイトよりも、自営業のほうが“やや有利になる”という噂もあるようです。

アイフルは、パートやアルバイトの方でも、問題なく審査に通って借入できた…という実績も多いカードローンです。
このことを考えても、“自営業・個人事業主でも、アイフルは審査に通る可能性がある”と言えそうですね。

 

アイフルで審査に通った自営業・個人事業主の口コミ体験談

個人事業主や自営業でアイフルを利用している人の、口コミや体験談を集めてみました。
一つの参考として、ご覧ください。

アイフルで審査通りました!

アイフルで50万申し込んで審査通りました。当方、自営業です。ほとんど一人でやっている小さなIT系の会社です。あまり財務状況も良くないので、審査に通らないかと思っていましたが、無事に可決してほっとしています。

当サイトからのコメント
アイフルで審査に通った(可決した)、自営業の方のコメントです。お一人で事業を行っており、財務状況もあまり良くない…とのご本人のコメントですが、無事に50万円の限度額で、審査に通って契約できたようですね。

他社と審査が違う?アイフルで借りれましたが…

零細の個人事業主です。アイフルで審査に通ったのですが、ちょっと不安というか…。半年ほど前、別のカードローンに申し込んだ時には、審査に落ちたんです。それで今回もダメかと思っていたんですが、アイフルは審査に通ったんです。半年前と比べて、収入が増えたわけでもないのに…どうしてでしょうか?

当サイトからのコメント
“半年前に他社で審査落ちした”という方ですが、アイフルには無事に審査に通ったようですね。原因はハッキリとわかりませんが、アイフルは自社で保証業務も行っているので、”審査に独自のノウハウがある”可能性も考えられます。

独立したばかりのフリーランスでも借入できた!

今年、独立したばかりのフリーライターです。見通しが甘くて、ぜんぜん仕事が取れず…。生活費のつなぎ融資が必要で、アイフルに申込みました。営業年数が全然ないので、審査に通るか不安でしたが、10万円で可決できました!これで来月の原稿料が貰えるまで、生活していけそうです。

当サイトからのコメント
“営業年数が短いと、カードローンの審査に通らない”という噂もありますが…。実際には、この体験談のように、営業年数が短い方でも借入できた事例もあります。
ただ、年数が少ないと信用力が落ちてしまうのは確かだと思います。この方の場合、借入希望額が10万円と少額だったので、審査に通ったのかもしれませんね。

 

アイフルは自営業や個人事業主でも頼りになる?感想や評価

最後に、個人的な感想をまとめてみます。

実際に個人事業主をやっている友人と、「アイフルってどう思う?」と話し合ってみたところ…。「いざという時は頼れるかもしれない」という感想でした。

『事業サポートプラン』とは違い、総量規制の対象となるので、他社借入を含め年収の1/3を超える借入はできません。
ただ、“生活費が足りない時に借入できる”ということ、最短30分審査、そして最短即日融資(※2,※3)に対応している事など、メリットもたくさんあります。

「売掛金の回収が間に合わなくて、生活費がカツカツになったり、公共料金が払えない…なんて時は良いかもしれない」
「最短即日融資も魅力だけど、前もって契約してカードを作っておいたほうが、いざという時の備えになって安心かもね」

と、自営業の友人は言っていましたが、私もその通りだと思います。生活費の備えとして、アイフルは、自営業や個人事業主でも、十分に活用できるカードローンだと思いますよ!

アイフルで借りる
公式サイトはこちら

 

 

(※1)2017年3月時点 アイフル キャッシングローンのお申し込み https://www.aiful.co.jp/cashing/entry/exec/ 等を参照
(※2)お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
(※3)ご連絡いただいた時間帯等によっては、お急ぎのご融資のご希望に添えない可能性がございます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ