にゃんこメモにゃんこメモ

なぜ今、マイナス金利?融資をしなきゃ経済が回らない!

2016年1月、日銀が発表した「マイナス金利」政策。
金利がマイナスになることで、「お金を預けておけばおくほど、お金が減る」という逆転現象が発生するようになります。

とはいえ、この対象は「日銀にお金を預けている、各銀行や金融機関」のみ。
私たちの銀行預金が、マイナス金利でお金が減る…ということは、今のところありません。


ですがなぜ、今、マイナス金利なのでしょうか。
今回の日銀マイナス金利政策の理由を、考察してみました。

 

お金とは、経済の“血液”です

突然ですが…。お金って、なんだと思いますか?

私たちにとっては、日々の生活の糧。無くては生きていけない、大切なもの。
「たくさん持っている」「たくさん稼ぐ」ことが重要で、「あまり使わないこと」が大切…。そんな風に思いますよね。

ですが、国や地域、社会にとってのお金は、少し違います。

私たちの暮らす、この日本。
あなたの住む街。
大切な生まれ故郷。

こうした“社会”にとっては、お金は“血液”の役割を果たします。


マイナス金利でお金が回る


上の図は、社会をお金がまわっていく様子です。

出勤前にコンビニでドリンクを買いました。
そこで支払ったお金は、社会をぐるぐると回って、あなたのお給料の一部として戻ってきます。
このように、お金は社会を巡って(めぐって)いきます。


お金の「めぐり」が良くなれば、社会はどんどん元気になっていきます。
逆に「めぐり」が悪くなると、社会はどんどん元気を失ってしまいます。

だから、お金は社会にとって“血液”なんですね。

銀行にお金=血液が溜まってしまうと、社会が元気を失ってしまいます。
お金を社会にどんどん巡らせていかなければ、改善できません。
そのために行われるのが、実は“融資=お金の貸付”なんです。

 

マイナス金利=お金を貯めると損する=融資が活発になる!

銀行に溜まりこんだお金を、社会に巡らせていくためには、融資を活発にしなければいけません。

そのために行われたのが、今回のマイナス金利なんです。
マイナス金利を導入すると、銀行は、お金を持っておくより、融資したほうが圧倒的に有利になります。


日銀マイナス金利 
 銀行からの融資が活発になる 
⇒⇒ お金=社会の血液がどんどん回る
⇒⇒⇒ 社会が元気になる!


こういう流れを作るために、マイナス金利の導入が決定されたんですよ!

 

マイナス金利で、本当に日本が元気になるの?

マイナス金利の導入で、銀行や金融機関は、“お金を貸さなければ不利になる状況”となりました。

これにより、融資が活発化して、お金のめぐりが改善され、日本が元気になる…。
実際のところ、そんなにうまく行くんでしょうか?

その答えは、私たち一人一人に掛かっています。
融資の活発化を起こすためには、「借りる人」が絶対に必要だからです。


お金を借りるのは、企業や団体、法人だけではありません。
私たち一人一人も、個人向け融資(カードローン)で、お金を借りることができます。


お金を借りて、使って、返す。
たったの1万円だけでも、1000人で行えば、1000万円規模の経済活動になります。
これに「経済波及効果」(お金のめぐりで生まれる力)を加えれば、数億円、数十億円…たいへんな規模の活性化になるんです。


当サイトとしても、日本を元気にするために、ささやかなご提案をさせて頂いています。
私たちが“1円も損をせずに”、日本を元気にできる方法です。
次の記事も、ぜひお読みくださいね!

⇒【特集マイナス金利】1万円。借りて返すと日本が元気になる?ウソみたいな本当の金融経済の話

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ