にゃんこメモにゃんこメモ

銀行カードローンの金利が安くなる?マイナス金利の私たちの生活への影響とは

最近、経済ニュースをにぎわせている日銀のマイナス金利導入決定。
「金利がマイナスになる」ということで、私たちの生活にも何か影響が出るのでしょうか?


「もしかして、預金もマイナス金利でどんどん減っていくんじゃない?」
「私のローンの返済も、金利がマイナスになれば楽になるのかな?」


などなど、興味が付きませんね。
そんなマイナス金利の影響について、お伝えしていきます。

マイナス金利とは?簡単な仕組みを解説!

まずは、こちらの図をご覧ください。


プラス金利とマイナス金利

マイナス金利の概要を、簡単に表したイメージ図です。

プラス金利の場合、銀行に預けたお金は、金利分「プラスされて」、徐々に増えていきます。なので、預けっぱなしでも、お金はひとりでに増えていくんですね。

一方、マイナス金利の場合は、図の下側になります。
銀行に預けたお金は、金利分「マイナスされて」、徐々に減っていきます。
そのため、預けっぱなしにしておくと、どんどん資産が減ってしまうんです。

これが、「マイナス金利」の概要です。

 

マイナス金利で、私の銀行預金が減る?

今回日本に導入されたのは、「日銀のマイナス金利」です。
日銀とは、日本銀行…日本の中央銀行です。

ここに口座を持っている(お金を預けている)のは、金融機関。
私たち一般個人は、日銀に口座を持っていないので、マイナス金利は適用されません。

なので、上の図で表したように、「預けておくだけで、貯金が減っていく」ことにはなりません。
銀行預金が減る心配はないんですよ!

 

銀行カードローンの審査が甘くなるんじゃない?

当サイトの以下の記事をお読み頂いた方は、こんな想像もできると思います。

⇒【特集マイナス金利】日銀マイナス金利で“大融資時代”到来!お金を借りなきゃ損する時代がやってくる?


『マイナス金利になって、銀行はお金を貸さないと資産が目減りしてしまう時代になった。だから、たくさん融資を行うために、銀行のカードローンの審査も甘くなるんじゃない?』


これはちょっと期待したいトコロですが…残念ながら、“審査が甘くなることは、100%無い”と言えるでしょう。

なぜなら、ただお金を貸すだけでは、銀行にとってプラスは何もないからです。
貸したお金を、きちんと利息をつけて返してもらう必要があります。
なので、マイナス金利になり、銀行が融資を活発にしていく場合でも、審査は変わらずに行われますよ!

 

銀行カードローンの金利はどうなるの?

借り入れのある方には、「金利」というと他人事には聞こえませんよね。

「私のカードローンの金利もマイナスになったら、返済がラクになるの?」

なんて期待もしてしまいそう…。
ですが残念ながら、こちらも“影響ナシ”が正解です。

金融機関からの借入の金利は、上限が法律で決まっていますが(法定金利)、その範囲内で金融機関が自由に決められます。

なので、今回の日銀マイナス金利で、私たちの借入の金利が安くなったり、マイナスになることもありません。


金利を今より減らせる方法もある!

これはマイナス金利とは関係ないのですが…。
今現状でも、ローンの返済の金利を減らせる方法も、実はあるんです。
特に、高い金利でお金を借りてしまい、返済が苦しい…という方に効果的な方法。

それは、「金利の安いカードローンに、借りかえる」ことです。
複数社(2社以上)からの借入を、より金利の安い一社にまとめる「おまとめローン」もあります。

これについて、詳しい説明と、今すぐできる実践方法の解説をご用意しました。
「借り入れを一本化し金利を少しでも減らしたい」と思う方は、こちらにぜひ、目を通して下さいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ