にゃんこメモにゃんこメモ

【緊急レポート】マイナンバーでキャッシングの審査は厳しくなる…のか?

一人一人に番号を割り振って、税や社会福祉、災害対応に活用していく「マイナンバー制度」。2015年10月から通知カードの配布がはじまっていますが…。

正直に言えば、「なんだかよくわからないまま始まっちゃったなぁ」と思う方も多いはず。
一体、何にどこまで影響するのか、よくわかりません。

今のところは「税、社会福祉、災害対応」の3つに絞られていますが、将来は民間でも活用できるようにしていくんだとか。
この“将来”については、まだハッキリ決まっていませんから、“よくわからない”のも当然です。

ただ、その将来の可能性の中に、こんなものもあるんだとか。


「キャッシングやカードローンの審査に、マイナンバーを活用する」


ちょっと気になりますよね。
いえ、大いに気になります。

もしかしたら、マイナンバーで審査が厳しくなるのでは?
そんな可能性について調べてみました!

 

結論:とりあえず今すぐ契約&融資枠確保はしておこう

先に大切な結論だけ書いておきます。


「今すぐ契約&融資枠確保はしておいたほうが安心」


マイナンバーで審査が厳しくなるのか。ならないのか。
これはあくまで“将来的に”の話です。今はまだ、なんの影響もありません。

厳しくなるかもしれない。
ならないかもしれない。

しかし、仮に厳しくなってしまったら、その時になって慌てて契約しようとしても、できない恐れがあります。

お金を借りたくても借りられない。
そうなるかもしれません。


ですから、今のうちに“契約だけ”はしておいたほうが良いわけです。

契約さえ済ませておけば、あとは好きな時に借りられます。
これがキャッシングやカードローンの大きなメリットですからね。

 

マイナンバーでキャッシングやカードローンはどう変わる?

それでは、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

「マイナンバーで審査が厳しくなる可能性」

これ、どのくらいあるんでしょうか?

まず繰り返しになりますが、“今の時点では”まったくありません。
むしろマイナンバーの提出や記入、「教えて下さい」etcを言う金融業者は、間違いなく詐欺師です。


ただ“将来”、民間業者でのマイナンバーの活用がスタートした時、どうなるのか。
これは「審査が厳しくなる」可能性がある、ということです。

たとえば、マイナンバーに預金口座の情報を登録する方針があります。
これが義務化されると、「預金残高」が審査基準に入るかもしれません。

今はもちろん、預金残高は審査にまったく影響しませんよ。
しかし、将来そうなる可能性もあるわけです。


所得税や住民税の納税額。
これは現在のマイナンバーにも登録されている情報です。
この納税額から逆算して、だいたいの年収を見積もることも可能です。

現在、少額キャッシングであれば、年収は自己申告で済むものも多くなっています。
ですが将来、マイナンバーが審査に利用できるようになれば、納税額から年収を逆算して、審査に使われるかもしれません。

そのほか、扶養家族の有無や人数、社会保障の利用状況etc…。
マイナンバーに登録されている情報が、キャッシングやカードローンの審査に利用できるようになると、審査が厳しくなる可能性は十分にあるんです。

 

将来はこうなるかも?

※あくまで可能性の一つです。当サイトによる予想に過ぎません。

 現在将来
マイナンバー利用できないできる
年収少額利用なら自己申告納税額から逆算?
扶養家族自己申告マイナンバーから照合?
預金残高調べられない審査対象になる?


マイナンバー民間利用開始で、将来、審査が厳しくなるかもしれません。
そうなる前に、契約=融資枠の確保だけは、早めにしておいたほうが安心ですよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ