にゃんこメモにゃんこメモ

【緊急レポート】マイナンバーで総量規制の対象外になる人はいる?どんな人?

年収の3分の1以上の借り入れを禁止する「総量規制」。
これに引っかかると、お金を借りられなくなります。

「借りたいのに、総量規制で借りられない」

とお困りの皆さん。

「マイナンバー制度で、総量規制の対象外になれるんじゃないの?」

なんてお考えの方もいるようですが…。
本当にそうなら、助かりますよね。

実際にどうなるのか調べてみました。

 

マイナンバーと総量規制は無関係…ただし今のところは

いきなりですが、残念なお知らせです。

マイナンバー制度は現在、キャッシングやカードローンとは、まったく関係がありません。

なので、“現在のマイナンバー制度”で、総量規制の対象外になる人は、ゼロ人です。誰もいません。

ただし、将来的には変わってくる可能性があります。

将来、民間業者でのマイナンバー利用が解放され、キャッシングやカードローンでも利用されるようになった場合には、です。

 

将来、マイナンバーで総量規制の対象外になる可能性

あくまでも、将来の可能性です。
絶対にこうなる!とか、今すぐこうなる!という話ではないので、気を付けて下さいね。


仮に将来、キャッシングやカードローンの審査に、マイナンバーの情報が利用されるようになった場合…。

総量規制の基準となる「年収」も、マイナンバーからわかる「納税額」から、だいたい計算できるようになります。

そこでわかった「本当の年収」が、銀行や消費者金融の把握している年収よりも多かった場合、総量規制が解除される可能性があります。

例えば、こんな場合です。

Aさんは、勤め先から年間300万円のお給料をもらっています。
ですが実は、副業でプラス60万円を稼いでいます。

さて、そんなAさんが、とある消費者金融から、100万円を借りました。
年収は、勤め先のお給料の300万円で申告しました。

Aさんの借りた100万円は、年収300万円の3分の1です。
なので、総量規制に引っかかってしまい、これ以上お金は借りられません。

そんな時、マイナンバーの民間利用がはじまりました。
消費者金融もマイナンバーを利用して、Aさんの本当の年収を調べます。
すると、今まで年収300万円だと思っていたものが、実は副業を合わせて360万円あることがわかりました。

Aさんが借りているお金は100万円なので、まだ総量規制の3分の1に達していません。
Aさんは総量規制の対象から外れ、あと20万円を借りられるようになりました。


ご理解いただけたでしょうか?
こうした出来事は、将来、起きる可能性があります。

ただし現時点では、消費者金融や銀行がマイナンバーを利用できるとは決まっておらず、まったく影響はありません。

また、いくらマイナンバーが利用されても、それによって「総量規制そのものの対象外になる」ということも、今のところありません。

マイナンバーと総量規制とは、まったく違う法律で管理されているからです。


総量規制は、お金の借りすぎを防止する法律。
私たちを守ってくれる法律なので、しっかりと守っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ