にゃんこメモにゃんこメモ

家計簿はなぜ必要?貯金、節約、借金完済の第一歩

「貯金、節約や借金完済のためには、家計簿が絶対に必要」と、よく言われますよね。

ですが、「なぜ家計簿をつけると、貯金ができるようになったり、節約ができたり、借金が完済できるのか」は、ご存知でしょうか?

「お金の流れが見えるようになるから」
「無駄がわかるようになるから」

といった理屈はありますが、いまいち実感がなく、ピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

実は、若いころの私もまったく同じ感覚でした。

「家計簿なんてつけたって、使うお金が減るわけじゃないし、もらえるお金も増えないでしょ?」

そう思っていたんです。

そこで今回は、家計簿を習慣にする前と、習慣にした後の、私自身の実感の違いを、ご紹介させて頂きます。

家計簿を付ける

家計簿どころかメモすら取らない!貯金ゼロ&借金まみれの極貧時代の私

実は私も、若いころに極貧生活を送っていた時、家計簿どころかお金のメモすら一切とっていませんでした。

それでも当時は、「今日は何にいくら使ったか、だいたい覚えているから大丈夫」だと思っていたんです。

交通費が320円で、ご飯代が昼280円、夜340円、あとバイト中に缶コーヒーを1本飲んだから120円で…そう、当時はまだ、缶ジュースが120円だったんです。

そんな風に頭の中で毎日計算していたので、お金の使い道も、金額も、把握したつもりになっていました。ですが、実際はまったく把握できていなかったんです。

そんな状態なので、お金のトラブルもたびたび起こりました。

・気が付いたらお金が足りなくて、家賃や電気代、ケータイ代が払えない

・給料日前にお金が無くなってしまい、塩とパスタで1週間過ごす…実際は先輩におごってもらったり、キャッシングを利用して、難をしのぎました。

毎月毎月、そんな生活です。
電気も水道もガスもケータイも、たびたび止められていましたね。

こんな毎日で、いつも頭の中はお金のことでいっぱい。
「○○代をどうやって用意しよう。どこを切り詰めよう…」という、悩みばかりの毎日でした。

 

メモを取りはじめたら、衝撃の事実が発覚!!

さて、そんな極貧生活を送っていた私ですが、さすがに「このままじゃ人生ヤバい」と気が付きました。

そこでまずは、お金のメモから…と、毎日、使ったお金をケータイにメモしはじめます。

そうしたら、衝撃の事実が発覚しました。

「自分では、一日1000円ぐらいのつもりだったのに、実際は毎日1500円~2000円以上使っていた。」
「“たまの贅沢”と思っていた外食や遊びも、ほとんど毎週~週に2回。」
「無意識に飲んでいたバイト中の缶コーヒー代だけで、月間5000円以上。」

…こうして文章に書くと、当時の衝撃がまったく伝わりませんが…。
自分では節約していた、ギリギリまで切り詰めていたつもりなのに、まったく節約できておらず、無駄なお金をたくさん使っていたことが、本当に驚きだったんです。

まるで、自分は頭が良いと思っていたのに、『実はお前、バカだよ』と現実を突き付けられたような感覚でした。

 

意識改革が行動を変えた!家計簿をつけはじめてから、変わったこと

シンプルなお金のメモが私に突き付けた現実は、ただ我慢すれば、節約になるわけではないということでした。

我慢して出費を削っても、その分以上にムダ使いしてしまえば、まったく無意味です。
こんな当たり前のことすら、自分では“わかっているつもり”で、“まったく理かいしていなかった”んですね。

衝撃を受けた私は、さっそく、本格的な家計簿に取り組みます。
その結果、大きな変化が、2つありました。

お金の無駄がわかるようになった

欲しいものを我慢するのが節約だと、当時、私はそう思っていました。

ですが私の場合、とくに欲しくもないもの、要らないものを、習慣や衝動で買ってしまうことのほうが、無駄が多かったんです。

『欲しくもない、要らないものにお金を使うなんて、バカらしい…』。その愚かさに気が付けたのも、家計簿をつけ、お金の使い方がわかるようになってからです。

その結果、「要らないものは買わない」が、自然とできるようになりました。
要らないのですから、買わないことにストレスもありません。我慢しなくても、節約できるようになったんです。

 

仕事を変えて、収入をアップした

節約を意識しながら家計簿をつけていると、どうしても、ここは削れないという項目が多いことに気が付きます。
私の場合、もともと極貧フリーターでしたから、無駄遣いといっても、そんなに額が大きくなかったこともあります。

家計簿の数字が私に突き付けた、どう考えても、収入が足りないという現実は、正社員歴ナシでも就職活動に自分を駆り立てる、充分すぎる動機になりました。

 

家計簿をつける、本当の意味

家計簿をつけることは、お金に対する意識を磨くことだと思います。
それまでの私が思っていたことを、冒頭、書きました。

「家計簿なんてつけたって、使うお金が減るわけじゃないし、もらえるお金も増えないでしょ?」

まったくその通りです。

家計簿が変えてくれるのは、自分の意識だけです。
ですが、意識が変われば、行動も変わらざるおえません。

その結果として、私の場合、節約だけでなく、就職そして収入アップもできました。溜まっていた借金も完済でき、貯金もできるようになりました。

それでもまだ、「家計簿をつける意味なんてない」と思うでしょうか。

私の経験は、「それは違う」と言っています。
「家計簿をつけることは、本当に大きな意味がある」と…。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ