にゃんこメモにゃんこメモ

食費の節約:主婦編~家族の健康と家計の節約を両立するポイント

節約の中でも特に大きなポイントとなるのが、「食費」です。
削れる幅も大きいものの、削りすぎると健康に支障をきたし、高額な医療費が掛かるのが、食費の節約の難しさ。

いかに健康的に節約するかが、やりくり上手さんの腕の見せ所です。

ここでは、家族世帯をモデルケースに、主婦・主夫の方に向いている、食費の節約術をご紹介したいと思います。

節約

基本は“まとめ買い”!スケールメリットを活かそう

経済・経営の世界には、「スケールメリット」という原理があります。

こまごまと生産・調達するより、一気に大量に生産・調達したほうが、コストが安くなるという原理です。

この原理は、私たちの節約生活にも活用できます。

食費に関しても、こまごま買い物をするより、一度にたくさん買ったほうが、トータルで安くなることは、多くの主婦のみなさんが実感されていますね。

できれば安売りの日やポイントサービスデーを狙って、一気に買いそろえておきましょう。

 

スーパー、量販店系のクレジットカードを作る

まとめ買いの節約効果をさらに高めるのが、スーパーや量販店系のクレジットカードです。

日常的な買い物で使えるスーパー・量販店でのポイントが付くため、お買い物がさらにお得になります。

相場としては、還元率は3%~5%ほど。
ほんの少しに思えますが、家族3人・月々6万円の食費の場合、一ヶ月あたり3000円ほどの節約になります。

生活レベルを落とさずにコストダウンできるのも、大きな魅力ですね。

 

地産地消!地場産野菜を狙おう!

食費の節約で一番の悩みどころは、「野菜・果物」だと思います。
お肉や魚は冷凍しておけばある程度保存できますが、野菜や果物は傷みやすいので、買い溜めもできませんよね。
そのため、ついつい、冷凍食品ばかりに頼りがちです。

そこでオススメしたいのが、地場産野菜です。
地域のスーパーのほか、個人商店(八百屋さん)、無人販売など、その地域で取れた新鮮な野菜を、格安で購入できます。

流通コストが掛からない分、品質を維持したまま、価格を安くできる仕組みなんです。
季節によって品ぞろえがまちまちですが、「新鮮で安い」のは大きなメリット。

その他の保存のきく物は“まとめ買い”で、保存のきかない野菜や果物は“地産地消”を心掛けるのが、賢い食費の節約方法ですよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ