にゃんこメモにゃんこメモ

食費の節約、やりすぎは逆に何十万円も掛かる!その理由とは?

毎日の生活で節約を心掛けていると、どうしても「食費」の無駄に目がついてしまうと思います。

そんな食費の無駄を削るためのポイントを、このページで解説していきます。

節約

本当に無駄なの?食費を切り詰めすぎると…

食費の無駄を考える前に、一つだけ、重要なポイントをお伝えします。

当たり前のことですが、私たちは、食べなければ生きていけないということです。

「食べなくても大丈夫」
「お金がないから食事は抜き」

という風に考え、実践してしまうと、身体を壊してしまいます。

食事をおろそかにして、身体を壊した時のリスク(出費)も、ここで確認しておきましょう。

 

何万円もの医療費

食事をおろそかにすると、栄養状態が悪くなり、ストレスも大きく掛かるため、胃腸炎や胃潰瘍になりやすくなります。

これは、私も若い頃に経験している失敗です。
私の場合は胃潰瘍になり、腹痛に耐え切れず、バイト中に倒れて救急搬送、即入院となりました。

当然、バイトですから傷病手当もなく、極貧だったので保険にも入っていませんでした。

結果、2週間の入院で10万円ほどの医療費が掛かり、親に泣きついて払ってもらった経験があります。

 

仕事ができなくなる

身体を壊してしまうと、その間、仕事ができなくなります。つまり、収入が激減~ゼロになるわけです。

傷病手当があったとしても、給与の3分の2ぐらいが普通です。非正規労働で、そうした手当も無い場合、無収入ですよね。

入院・通院保険に入っていれば、保険が下りることもありますが…、それでも、せいぜい医療費をカバーする程度。医療保険で“黒字”になることは、よほど高額の保険でなければ期待できません。

食費の節約はとても大事です。
ですが、食費を切り詰めすぎて身体を壊すと、節約を全て台無しにするほどの医療費が掛かり、収入も激減します。

ですから、いかに健康と元気を維持しながら、食費を減らしていくかを考えなければいけません。

これは本当に大切なポイントなので、しっかり受け止めて頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ