にゃんこメモにゃんこメモ

返済を滞納したらブラックリストに載って借りられない?

「キャッシングの返済を滞納すると、ブラックリストに載る」
という話を、聞いたことがあるかと思います。
今回は、このブラックリストについて、簡単に説明していきます。

 

ブラックリスト=個人信用情報機関の事故情報

「ブラックリスト」という言い方こそされますが、実際にそうしたリストがあるわけではありません。

お金を借りたりすると、国の定める“個人信用情報機関”に、その情報が記載されます。
個人信用情報機関”とは、簡単に言ってしまえば、お金の貸し借りに関する、その人の信用度を記録している期間です。

たとえばあなたの友達に、「お金を貸しても、なかなか返さない人」がいたら、その人のことを、どんな風に思いますか?
「お金にだらしないやつだな」とか、「この人には、頼まれてもお金は貸さないようにしよう」と思いますよね。

それと同じように、本当に貸して良い人か?貸したお金をちゃんと返してくれる人か?を判断するためのデータが、個人信用情報機関に記録されています。
ですから、キャッシングをしても、滞りなく返済していれば、個人信用情報機関に登録されても不利なことは一切ありません。

良い情報が記録されていれば、むしろ信用度が上がり、融資枠の上限が増えたりなど、有利になります。
問題は、記録が汚れてしまった場合です。

 

金融事故って何?信用情報が汚れてしまう原因

金融事故とは、返済の遅延や滞納、自己破産などを指します。
たとえば、キャッシングやローンの返済をたびたび滞納したり、長期にわたる滞納があったり、自己破産を経験している場合、その情報も個人信用情報機関に記録されます。

こうしたデータがあると、その人は“お金を貸しても、返って来るかわからない人”という風に判断され、キャッシングなど融資の審査を通りにくくなります。

クレジットカードや携帯電話、家賃保証会社を利用した家賃の支払いの遅延、滞納
キャッシングやローンの返済の遅延、滞納
自己破産、その他の債務整理など

 

といったことが、いわゆる「事故情報」となります。

こうした情報が記録され、信用度が著しく落ちてしまうことを、「ブラックリストに載る」と比ゆ的に表現するんですね。

 

ブラックリストに載っても大丈夫?

さて、金融事故を起こしたり、自己破産・債務整理をしてブラックリストに載ってしまうと、「もう人生、おしまいだ…」と落ち込んでしまう人もいるようですね。
それを理由に自殺してしまう人もいるようです。

確かに、ブラックリストに載る=個人信用情報が汚れることは、社会生活を営む上で不利になりますから、絶対に避けたいところです。
ですが、だからといって自ら命を絶つほど、大変な事態ではありません。

かんたんに言えば、ブラックリストに載ることで起きる問題は、お金を借りられなくなるだけです。
クレジットカードの利用も難しくなりますし、住宅ローン、自動車ローン、学資ローンなども組めなくなります。
ですが、仕事や普段の日常生活に支障をきたすことはありません。身の丈にあった生活をしていけば、何も困ることはないんです。

さらに、個人信用情報の記録は、5~7年ほどたてば抹消されます。
長い人生の中、ほんの数年間だけお金が借りられなくなる…ということです。

もちろん、個人信用情報はキレイなほうが、確実に良いです。滞納や遅延を起こさないよう、しっかり返済していくことは、自分にとってもプラスに働きます。
ですが、万が一、事情があってブラックリストに入ってしまい、お金を借りられなくなっても、人生を諦めるほどのことはありません。
冷静に、今ある債務を整理して、信用を取り戻すことに務めていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ