にゃんこメモにゃんこメモ

クレジットカード現金化は違法なの?オススメ業者は信頼できる?

「無審査キャッシング」といったキーワードでgoogle検索をすると、「クレジットカード現金化」を案内するウェブサイトが出てくることがあります。

審査なし、担保なしで、すぐにお金を作れる…というもので、一見、大変魅力的に思えますよね。
ですが、本当にクレジットカードを現金にできるんでしょうか?違法性は何のでしょうか?
そんな疑問について、詳しく調べてみました。

 

本当に違法行為なの?クレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、本当に違法行為なんでしょうか?
これについては、法律の専門家集団である「東京弁護士会」が、国に対して、公的に意見書を提出しています。
意見書には、次のように書かれています。

クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する意見書

 

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に関する意見書

【意見の趣旨】

国(衆議院、参議院、金融庁、経済産業省、消費者庁、警察庁)は、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」について、現行法の範囲内においても現金化業者の取り締まりを行うなど適切に対処するとともに、早急に業としてこのような取引を行うことを直接規制する立法を行うことを検討すべきである。

引用:2011年(平成23年)2月8日 東京弁護士会

「現在の法律でも取り締まりを行い」「さらに厳しい法律を新たに作って、規制するべきである」といった意見を、法律の専門家は訴えているわけですね。

 

消費者庁の意見では、「絶対にダメ!」

法律の専門家は「取り締まるべき」と言っているクレジットカード現金化ですが、まだピンと来ない方もいるかと思います。

街にも堂々と看板が出ていますし、ネットで検索すれば、「おすすめクレジットカード現金化」とか「人気ランキング」なんてものも出てきます。そうしたサイトには、「悪質な業者もあるが、当サイトの掲載している業者は大丈夫」といったような説明もあります。

一方、国の機関である「消費者庁」は、クレジットカード現金化に対して、このような資料を公式に作成・配布しています。

消費者庁 クレジットカードのショッピング枠の現金化はダメ

この資料は、消費者庁の公式ページにある、「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーン(http://www.caa.go.jp/credit/)のパンフレットです。

業者によって善し悪しがあるのではなく、「クレジットカード現金化そのものが、やってはいけないこと」として、消費者庁は注意を呼び掛けているようですね。

 

正しい情報を元に、正しい判断を

クレジットカード現金化が、合法なのか違法なのか、それ自体がどんな法律に抵触しているのかは、いまだに議論があるとされています。
それについて、当サイト管理人としては、特に意見を示すものではありません。

ただ、多くのクレジットカード会社が現金化を「規約違反」としていることや、法律のプロと政府当局が問題視している点は、事実としてご紹介させていただきました。

最後にもうひとつ、クレジットカード現金化サービスを行っていた人が、出資法違反で摘発された事件があったことも、ご紹介しておきます。

カード現金化で逮捕

個人サイトや業者のサイトには、クレジットカード現金化を「オススメ」する内容も、確かに掲載されています。
一方、警察当局や消費者庁、弁護士会などは、クレジットカード現金化そのものを「良くないこと」だと判断しています。

また、「クレジットカード現金化で40万円を手にしたが、その後、カード会社から60万円の請求が来た。」「キャンセルしたいのにできなかった」「お金が振り込まれなかった」など、トラブルも相次いでいるようです。

こうした事実や専門家の意見にしっかりと耳を傾け、正しい判断をしていきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ