にゃんこメモにゃんこメモ

借りたお金の返し方~返済方式の種類の違いとは?

お金を借りる時は、“きちんと返すこと”が一番大切です。私たちも、友達にお金を貸して、なかなか返してもらえないと、あまりいい気分にはなりませんよね。

消費者金融や銀行からお金を借りる時も、やはり“きちんと返すこと”が大切。ですが、はじめて利用する方や、よく知らない方にとっては、不安も大きいと思います。

「毎月いくらぐらい返せばいいの?」
「利息とか元金とか、よくわからないけど…」
「そもそも利息って、いつ、どうやって払うの?」

などなど、素朴な疑問にお答えしていきます!

 

まずは知っておこう!「元金」と「利息」の違い

返済の支払いには、「元金」と「利息」の2種類があります。まずはこの違いを知っておきましょう。

  • 元金 … 借りたぶんを返すお金のことです。
  • 利息 … 手数料や、お金を貸してもらったお礼のようなものです。借りたお金に対して割合で計算されます。どのくらい利息を取って良いかは法律で決められています。

そして、月々の返済は、「元金+利息」の合計になるよう設定されています。
たとえば『月々2万円の返済』といったとき、2万円全部が元金、あるいは全部が金利…ということはありません。『元金19000円と、利息1000円で、合計2万円』といったように、元金のぶんと利息のぶんが、あわさっているんですよ。

 

分割で返済すると、利息は変動していく

もう一つ、基本的なポイントを抑えておきましょう。
借金の金利は、「現在借りている額」に対して発生します。そこで、分割払いの場合をちょっと考えてみましょう。たとえば、20万円を10回払いで返済するとします。月々2万円ずつ、元金が減っていきます。利子のことは一旦、考えないでおきます。

  • 借りた時 … 借りているお金:20万円
  • 1回目の返済 … 借りているお金:18万円
  • 2回目の返済 … 借りているお金:16万円
  • 3回目の返済 … 借りているお金:14万円


返済をするたびに、借りているお金が減っていきますよね。そのため、掛かってくる金利も、実は返済をする=借りているお金が減るたびに、少なくなっていくんです。


『返済を進めるたびに利子が減っていく』

これも大切なポイントなので、覚えておいてくださいね。

 

キャッシングやカードローンの「返済方式」とは

さて、ここまでのポイントをまとめましょう。

月々の返済の中身は、「元金+利息」である
返済を進めるたびに利子が減っていく



ここまでは、ご理解いただけたと思います。

それでは、この元金と金利の“割合”は、どうやって決めるんでしょうか?

毎月の支払い2万円のうち、『元金19000円と利息1000円』にすることもできれば、『元金15000円と利息5000円』にすることもできそうですよね。

こうした、元金と利息の割合や、そもそも月にいくら返すのか…といった金額を決める方法は、実はいくつかあります。それが、「返済方式」の違いです。


ここでは、代表的な返済方式について、かんたんにチェックしてみましょう。

元金定額返済方式

もっともポピュラーな返済方式です。月々の「元金」の返済額を定額にして、それに月々減っていく「利息」を単純にプラスして計算します。
なので、名前には「定額」という言葉が入っていますが、月々の支払額=「金利+利息」は、毎月どんどん減っていきます。

元利均等返済方式

月々の支払額を定額にして、その中で利息と元金とのバランスを調整していく返済方式です。実際の支払額は毎月同じ金額になるのですが、その内訳はどんどん変化していきます。利息の支払い分が減っていき、その減ったぶん、元金の支払い分が増えます。このプラスマイナスの合計で、月々の支払額が“結果として一定”になるのがポイントです。

そのため、毎月決まった金額で支払っていくのですが、借りたお金の減り方は、月によって変化があります。支払いが定額なので返済計画は立てやすいのですが、「あとどのくらい借金が残っているのか」を把握するには、明細書を見ないと分かりづらくなります。どれだけ借りても、月々の返済額が一定になるよう調整されている方式です。この返済方法のポイントは、「あとから追加でお金を借りても、一定の額(融資枠)の範囲内であれば、月々の返済金が増えない」ことです。

普通の場合は、お金を追加で借りれば、そのぶん毎月の返済額も増えるのですが、リボ払いの場合は増えないんですね。

 

どの返済方法が一番いいの?

利用する業者によって、使える返済方式も異なってきますが、どれか複数の方式から選べる場合も多くなっています。
では、元金定額返済方式、元利均等返済方式、リボ払い…どの返済方式が一番良いのでしょうか?

これは単純に、「好みによる」と言えるでしょう。

『どのくらい借金が減っていくのか、感覚的にわかりやすいほうが良い』

⇒元金定額返済方式

『毎月の支払い額を一定にして、早めに返済したい』

⇒元利均等返済方式

『追加でお金を借りても、月々の負担が増えない方法が良い』

⇒リボ払い

といった風に、自分の好みに合わせて返済方式を選んで、特に問題ないと思います。また、より詳しく知りたい場合は、お金を借りる前に、消費者金融の相談窓口に相談してみるのもオススメです。
大手の消費者金融や銀行は、電話やWEBでの相談窓口を設けており、お金を借りる前でも、返済方式や返済計画の相談に乗ってくれますよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ