にゃんこメモにゃんこメモ

借りたお金が返せない!そんな時の3つの対策

返済のお金に困った時、もっともやってはいけないのが、「他社からの借入で返済を行う」ことです。
これを一度やると、「借りる⇒返済が増えてより厳しくなる⇒また借りる…」と、多重債務のデッドスパイラルがスタートし、借金が雪だるま式に膨れ上がってしまいます。

それでは、「今月の返済、お金が足りなくてヤバい!」となった時、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、すぐに行える3つの対策をご紹介していきます。

対策1 : 返済日を変更する

「何日かずらせば大丈夫」という場合は、返済日を変更するのも一つの手段です。
たとえば、「返済日が15日だけれどお金が足りない。でも、25日になればお給料が入るから大丈夫」という場合ですね。この場合、返済日を25日以降に変更すれば大丈夫です。

返済日の変更は、電話手続きになる業者がほとんどです。一部の消費者金融では、ネットから手続きすることもできます。

対策2 : 返済を先延ばしする

「臨時出費が重なって、今月だけ返済が厳しい」という場合は、返済を先延ばしする方法もあります。今月の“利息分”だけを払って、返済期間を1か月伸ばしてもらう方法です。

これは、担当者に事情を話して相談しないと対応してもらえません。ただ、無いものは払えない…というのは当然のことなので、だいたいの場合、対応してもらえると思います。

対策3 : 返済計画の見直しをする

「事情があって収入が減ってしまい、返済がきつくなった…」そんな場合は、返済計画の見直しをする必要があります。業者に電話をして、相談してみましょう。
返済期間を延ばせば、一か月あたりの負担額を減らすことができます。

 

収入アップ&節約の工夫も!

さて、ここで紹介した「3つの対策」は、どれもすぐにできますが、いわば「一時しのぎ」とも言えます。借金そのものが減ったり、無くなったりするわけではありません。
なので、こうした方法で当面のやりくりをしつつ、収入アップ&節約の工夫もしていく必要があります。

一番早いのは、短期・単発バイトをしてお金を稼ぐことかと思います。10万円ぐらいの借入であれば、短期・単発バイトを合計10日ほど行えば、その分のお金は確保できるはずです。

収入を得ながら、それを返済に充ててていけば、必ず完済できます。

もちろん、ギャンブルの軍資金でお金を使ってしまう…なんてことがないよう、出費もしっかり引き締めていきましょう!

 

借金が膨れ上がってしまっている場合

最後に、「もう多重債務になってしまっている」「借金が膨れ上がってどうしようもない」となってしまった場合の対策を、簡単にご紹介します。

この場合、選択肢は大きく分けて2つあります。一つは、「おまとめローン」を利用して返済の負担を減らし、コツコツ返していくことです。
おまとめローンは、複数の借入を一つにまとめて、低い金利で借りなおすもの

今ある複数の借金を完済し1本にまとめることで返済の負担を減らすことが可能です。
たとえば「利息が膨れ上がってしまって、それだけでも負担が大きい」といった場合、特に効果的になります。

おまとめローン対応のカードローン

そしてもう一つは、自己破産です。これはあまりオススメできませんし、「自己破産したい」という方も少ないと思います。
自己破産を宣告しても、その後の裁判で「免責」が認められなければ、借金は無くなりません。一方、自己破産中は、旅行や引っ越し、自分の財産の売買など、いくつかの自由が制限されます。もちろん新規の借入もできません。

「自己破産すれば借金がチャラにできるから大丈夫」と甘く考えている方はいないと思いますが…。
もし、そうした考えをお持ちの方が、あなたの周りにいたら、「自己破産はそんなに甘くないよ!借りたお金はちゃんと返そう!」と、教えてあげてくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ