にゃんこメモにゃんこメモ

自営業(個人事業主)の生活費の借り入れはキャッシングが向いている!

自営業を営んでいると、お金の悩みは、時として本当に深刻です。一般の給与所得者と違い、自営業者の場合は「事業のお金の悩み」と、「生活のお金の悩み」…2種類あるのが、本当に難しいところですよね。

実際には、「事業の売上」が「自分の生活費」になるので、区別するのは難しいところもありますが、経理や税務の問題で、この二つはわけて考える必要があるんです。

従って、“お金を借りる”ことに関しても、「事業資金を調達する」ことと、「生活費を借入する」ことは、実はまったく違うんですよ!ノウハウも方法も、調達先も全然違ってくるんです。もちろん、条件もです。

事業資金の調達に関しては、銀行の事業者向けローンや、日本政策金融公庫による貸付制度など、さまざまな支援が用意されています。
これについても別途機会があれば触れたいですが、今回は、「生活費の借入」について解説していきます。

 

生活費の借入は消費者金融が向いている?その4つの理由

実は、生活費の借入は、通常の消費者金融キャッシングや銀行カードローンを利用するほうが便利でスピーディです。その理由は、4つあります。

(1)無担保で借入できる
事業用資金の借入の場合、額が大きくなると、何か担保が必要になるのが通常です。ですがキャッシングや個人向けカードローンの場合は、担保が不要です。

(2)保証人が不要である
キャッシングや個人向けカードローンでは、保証会社が間に入って保証人の代わりをつとめるため、自分で保証人を用意する必要はありません。

(3)使途を問われない
事業用資金で借り入れをしようとすると、必ず使途を問われますよね。その使用目的が事業の拡大・成長に適しているのか…といった具体的な審査も行われます。
ですが、キャッシングやカードローンはもともと個人向けなので、そうした事業性を問われません。どんな目的に使っても良いお金となるんです。

(4)少額・短期間であれば無利息になることも
いくつかの消費者金融では、条件付きで無利息になるサービスを提供しています。具体的な条件は業者により異なりますが、『借入金額5万円以内』または『60日間以内に完済』といった風に、少額・短期間の借入では、利息がつかないことも多くなります。

どんなに有利な融資でも、事業用貸付で「無利息」は絶対にありませんよね。
少額・短期間の融資では、もともと利息もほとんど発生しませんが…。それでも、一円を笑うものは一円に泣くのがビジネスの世界。ちょっとした生活費の不足は、こうしたサービスで賄うのも、賢明な判断です。

>>生活費の融資は、個人向けキャッシング、カードローンを利用するほうが、確実にスピーディで、メリットも大きくなりますよ!<<

 

個人事業主だと、キャッシングの利用が難しいって聞いたけど…

「個人事業主や中小経営者は、キャッシングの審査が通りにくい」という話もありますね。ご存じの方もおおいのでは?と思います。

確かに、これはある種の事実と言えます。
キャッシングやカードローンの審査でもっとも重要視されるのは、「収入の安定した継続性」だからです。

そして、その点においては、「給与所得者のほうが、個人事業主や中小経営者よりも安定している」と判断されるんですね。

とはいえ、だからといって「個人事業主・中小経営者=キャッシングを利用できない」ではありません。

給与所得者との違いといえば、『収入証明書の提出が必要になること』ぐらいです。

細かい判断は業者によって違いますが、「自営業=即・審査落ち」と考える必要はありませんよ!

 

独立2年…生活費が足りなくなってキャッシングを利用した事例

最後に、具体的な事例を一つご紹介しましょう。

スマホアプリの制作で独立したFさん。当初は順調に売り上げをあげていたものの、ある時、経営判断に失敗して売り上げが激減してしまったそうです。

ほそぼそと収入はあるものの、生活は一気にギリギリに…。そんな時に不運にも身内の不幸があり、思わぬ臨時出費になってしまいました。

「このままでは、事業用資金を生活費に回すしかない…。でもそうすると、外注さんに報酬も払えず、不渡りになってしまう…。」

事業用資金の借入・調達を考えるも、どこも審査が厳しく、融資実行に時間も掛かります。それでは次の締日に間に合いません。そこでFさんは、不足してしまう生活費を、一時的に個人向けキャッシングで調達することにしました。

「審査はネットから申込みましたが、送信する書類を間違えてしまって…。本人確認の時に、ついでにいろいろ聞かれましたね。事業名とか、ホームページとか…。でも、事業用資金の借入に比べれば、ぜんぜん大変なことはありませんでした。(借入希望の)額も少なかったですしね。」

「個人事業主はキャッシングの審査が厳しい」と聞いていたため、当初は不安ばかり、「ダメ元で申し込んでみた」Fさんも、実際にやってみれば、『意外なほどスムーズに借りられた』とのこと。


「やっぱり噂って、そんなに信頼できる情報ソースじゃないですからね。自分で体験することが、一番信頼できる情報だと思います。まずはやってみないと、なにも変わらない。それってビジネスだけじゃなく、生活でも同じことなんだと思いますよ。」

財政危機を無事に乗り越え、借りたお金も完済できたFさんは、今日も新しいビジネスに挑戦しています。



経営にとって、お金のやりくり、資金の調達先は、“手段”が多いほど“安全性”も高まります。

事業用借入だけでなく、あえての個人向けキャッシング、カードローン…。そんな選択肢も、必要性が高そうですね!

>>いざという時の備えに、まずはここから、情報を集めてみてくださいね!<<

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ