にゃんこメモにゃんこメモ

個人事業主です。生活費を借金したいと思っていますが審査に通りますか?

ご質問:個人事業主です。生活費を借金したいと思っています

個人事業主なんですが、生活費が足りなくなってしまいました。
事業用借り入れは銀行からできると知っていますが、生活費の場合はどうなんでしょう?
銀行の事業用貸付は使えないと思うので、やはりサラ金しかないんでしょうか?

はっきり言って、僕はサラ金にあまり良いイメージがないので、できれば使いたくないと思っています。

たとえば、事業用貸付で借りたお金を、生活費として使ってはいけないんですか?
なにか良い方法はないでしょうか?

ご回答:まずは、お持ちの疑問を整理してみましょう

ご質問ありがとうございます。
まずは簡単に、今回のご質問を整理してみましょう。

銀行の事業用貸付は、生活費の目的では借りられないのか
個人事業主でも、生活費の借入はサラ金(消費者金融)しかないのか
事業用貸付で借りたお金を、生活費として使ってはいけないのか

 

お持ちの疑問は、この3つだと思います。
順番に回答していきますね!

 

1:銀行の事業用貸付は、生活費の目的では借りられないのか

こちらの答えは、「YES」です。
銀行の事業用貸付を、“生活費のために”利用することはできません
同じお金でも、生活費と事業用とでは、性質に違いがあるためです。


生活費は、使えばそのまま消えてしまいますよね。節約して「出費を抑え」たり、「貯金」したりはできますが…。たとえば10万円の生活費を、生活の工夫で15万円、20万円に増やすことはできません。

一方、事業用のお金は違います。そのお金を使ってビジネスを行い、売上を上げ、利益を出して、増やすことができます。10万円を元手に50万円、100万円と増やしていける可能性があります。

事業用貸付は、この「増やせる可能性」を期待して、お金を貸すものです。ですから、審査でも判断されるのは、「今の収益で返せるのか」ではなく、「どのくらいお金を増やせるビジネスなのか」といった目線になります。

ですから、まったくお金の増えない“生活費”の目的では、事業用貸付は、まず利用できません。

 

2:個人事業主でも、生活費の借入はサラ金(消費者金融)しかないのか

こちらも、「ほとんどYES」です。

まず、消費者金融ですが、こちらは「用途を問わず、無担保、無保証で少額を借りれるサービス」となっています。
用途を問われないので、生活費として使っても、まったく構いません。

ご質問者様は、「サラ金にはよくないイメージを持っている」とのこと。それでしたら、銀行系のカードローンはいかがでしょうか?

大手銀行が行っている個人向け融資サービスも、消費者金融と同じく、「用途を問わず、無担保、無保証」で利用できますよ!


なお、「ほとんどYES」と曖昧な言い方にしたのは、日本政策金融公庫の、事業者向けの生活支援融資もあるためです。

ただ、こちらは利用にかなり厳しい条件と審査があり、利用できる方はごく一部…たとえば震災の被害に遭われた方など…に限られてきます。

 

3:事業用貸付で借りたお金を、生活費として使ってはいけないのか

こちらも「YES」と言えるでしょう。
「1:銀行の事業用貸付は、生活費の目的では借りられないのか」の項目でも書きましたが、事業用貸付は、「貸したお金を、ビジネスで増やしてもらうこと」が目的で、貸付が行われます。

ですから、お金の増えない生活費に使ってしまうと、契約違反となる場合がほとんど
事業用貸付でお金を借りて、生活費に充てる…なんて面倒なことをしなくても、カードローンやキャッシングでお金を借りたほうが早いですよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ