にゃんこメモにゃんこメモ

自営業の借り入れは、総量規制の対象になるんでしょうか?

ご質問:自営業は総量規制対象外?なぜ?

自営業の場合、総量規制の対象外になるって噂を聞いたんですが本当ですか?
無制限にお金を借りれるってことでしょうか?
どうして自営業だと対象外になるんでしょうか?

よくわからないので、いろいろ教えてもらえると有難いです。

ご回答:個人事業主は総量規制の対象外です

ご質問ありがとうございます。
おっしゃる通り、「個人事業主・自営業者」は「総量規制」の対象外になります。

これについて、簡単にご説明していきますね。


まず、総量規制とは「一般消費者の借り過ぎを禁止するための法律」です。この法律があるため、年収の3分の1以上の借り入れは、できなくなっています。
ここでポイントは“一般消費者の”という部分です。

これがカギになってくるので、ひとまず覚えておいてくださいね。

 

お金を貸す・借りる“目的”と“性質”

実は、お金を“貸す”“借りる”ということは、借りる目的が「支払い(お買い物など)」なのか、それとも「投資」なのかで、性質が大きく異なります。


例えば、次の二つを比べてみましょう。

1:「事業を立ち上げるから、お金を貸してほしい」
2:「今月の生活費が足りないから、お金を貸してほしい」

 

二つのパターンでは、貸す・貸さないの判断が、ちょっと違う考えになると思いませんか?

「事業を立ち上げるから」の場合は、“投資”の借り入れとなります。
投資ですから、それを元手に、借りた人がお金を増やせる可能性もありますよね。

一方、「生活費が足りないから」の場合は、“支払い”のための借り入れです。
支払いは、使えば無くなるお金です。そのお金が増えることはありません。

「増やすために借りる」のか、「使うために借りる」のか…という違いとも言えそうですね。


「使うために借りる」場合、支払い能力を超えて“借り過ぎて”しまうと、まず間違いなく返済不能に陥ります。ですからこれは、法律で厳しく規制しているんです。それが「総量規制」です。

一方、事業用として「増やすために借りる」のであれば、成功すれば増やせますから、返済不能にはなりません。
逆に規制してしまうと、必要な分を借りられず、成功するはずの事業も失敗してしまう恐れがあります。

こうした理由により、自営業・個人事業主の方は、総量規制の対象外になっているんです。


もちろんこれは、個人事業主・自営向けローンに限った話となります。
一般向けのカードローンやキャッシングとは、審査やプランが分かれている業者も多いので、利用するときは確認してくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ