にゃんこメモにゃんこメモ

毎月の食費、掛かり過ぎ?皆さんはどのくらい使っていますか?

ご質問:食費が掛かり過ぎてるんじゃないかと心配です

食費ってみなさん、どのくらい掛かっていますか?
僕は一人暮らしのフリーターなんですが、月に4万円ぐらい食費が掛かっています。バイトのお給料が月13万ぐらいなので、3分の1は食費…。あとは家賃、光熱費、水道代とかに掛かってしまって、あんまり余裕がありません。

姉に聞いてみたら、「食費が掛かり過ぎ、もっと節約しろ」って言われたんですけど…。
一人暮らしで毎日バイトしながらだと、自炊もできないし、実際厳しいです。
食費に月4万円って、やっぱり掛かり過ぎなんでしょうか?やっぱり節約したほうが良いんでしょうか?

アドバイスをもらえると嬉しいです。

お返事:統計的には、あまり多いほうではなく平均的です。

一人暮らしで、食費に月4万円は多いのか少ないのか…という話ですね。

実はこちら、政府による統計情報が出ています。「平成21年全国消費実態調査への全国単身世帯収支実態調査の統合集計に関する結果」によると、平均は月38,000円。ですから、ご質問者さまの「一か月4万円の食費」は、かなり平均的な数字なんですよ!

とはいえ、平均だから、余裕がなくてもOK…というのも、ちょっと寂しいですよね。

食費を減らすか、収入を増やすか…。何らかの対策ができると安心です。さっそく、改善案を考えてみましょう。

 

食費の節約、簡単そうで実は難しい?

食費の節約は、簡単そうで難しさのあるポイントの一つです。ご質問者さまも、「一人暮らしでバイトしながら自炊は厳しい」とおっしゃっていますね。

毎日フルタイムで働いて、疲れ切った身体で買い物もして、自炊もして…となると、確かに労力も必要です。

かといって、食べる量を減らすと、体力がもちませんよね。節約して体力が落ちてしまい、仕事にも支障が出て収入が減る…なんてことになれば、本末転倒です。

「食べる量」「栄養バランス」をしっかり保ちながら、食費を削る工夫ができればベストではありますが…。自炊をせずにそれを実現するのは、あまり現実的ではないと私も思います。

 

節約するより、収入を増やすほうが健全!

ご質問者さまの場合、まだお若いようですし、収入を増やす努力のほうが、似合っているのではないでしょうか?

バイトの時給が低いなら、もう少し頑張って時給アップを狙ってみるか、もっと割の良いバイトに変えるか…。

シフトに余裕があるなら、単発バイトを加えるのもオススメです。1日、2日増やすだけでも、月収は+1~2万円。そうすれば、月々の生活費もだいぶ楽になると思いますよ!

 

万が一のために、借入枠を確保しておくことも

食費のやりくりも大切ですが、生活費の中で意外と大きな負担になるのが、臨時出費です。「飲み会が続いて」「友達の誕生日ラッシュで…」なんて月は、普段よりもお金がキツくなってしまうもの。

そうした時に、食費を削ってやりくりしよう…と急に考えても、なかなかうまくいきません。忙しい時ほど、お腹も空くのは当然です。

こうした一時的な臨時出費に対応するために、月々の収入に余裕を作って、貯金をしていくことも大切。
ですが、貯金だけでは臨時出費がまかなえない時は、キャッシングの利用も検討してみましょう。

アルバイト、パートでも利用できるキャッシングやカードローンも多く、こうしたサービスを上手に活用することで、やりくりも随分とラクになりますよ。

アルバイト、パートでも利用できるカードローンはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ