にゃんこメモにゃんこメモ

失業中・無職でもお金を借りる方法はある?

失業したり、就職に失敗して現在無職…。そんな時でも、お金を借りることはできるんでしょうか?

結論から言えば、「無職・無収入でお金を借りれる消費者金融は、ありません」。これは、総量規制があるためです。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れを禁止する法律。無収入=年収ゼロの3分の1は、やはりゼロですので、お金を借りることができないんです。

また、銀行での借入は総量規制の対象外ではありますが、こちらも返済能力の評価の問題で、やはりお金を借りるのは難しくなりそうです。

それでは、失業中や無職でお金を借りるためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

まずはアルバイトでも良いので、安定収入を作る

もっとも良いのが、「安定収入を作る」ことです。いきなり就職は難しい場合もありますが、アルバイトやパートなら、求人もたくさんあり、採用もスムーズです。

現在、ほとんどの消費者金融は、非正規労働の方でも利用できるようになっています。「正社員のみ」「年収○○○万円以上の方のみ」といった制限を設けている業者は、ほとんどありません。

ただし、アルバイトに採用されてすぐ、その日にキャッシングができるか…というと、そうでもないようです。多くの業者が、「継続収入があること」を条件としているので、“定期的に給与を受け取る”実績が必要なんですね。

最低でも1か月~2か月ほど経って、継続収入を得るようになってから、キャッシング・カードローンに申込みましょう。

 

そんなに待てない!今すぐお金を借りたい!という場合

『無職・無収入ではお金を借りられず、最低でもアルバイトやパートで1~2か月は働いてからでないと難しい』ということを、ここまでご説明しました。
ですが、「そんなに待てない!もっと早く借りたい!」という場合もありますよね。そんな時は、どうしたら良いのでしょうか?


この場合は、「お金が必要な理由」によって、解決策も変わってきます。たとえば、レジャーやアミューズメントの費用であれば、我慢するしかありません。ですが、無ければ日常生活に支障をきたしてしまう…食費や電気・ガス・水道代、住宅費などの…お金が不足しており、「借りなければ、生活に困ってしまう」という場合は、自治体による公的支援を利用できます。

生活保護が有名ですが、それ以外にも、さまざまにキメ細かい「生活困窮者支援制度」が、日本には整っています。

2015年の4月より新制度もスタートし、現在は、自治体の相談窓口に相談すれば、どんな支援が受けられるのか、どう手続きすればいいか…など、細かくサポートしてもらえます。

間違っても問題ばかりの闇金やクレジットカード現金化に頼らず、行政の公的支援を利用するようにしましょう。

こうした支援を活用しながら、アルバイトやパートをしたり、復職活動を進めていくのがベストです。収入状況を立て直せば、遅くとも3か月~半年以内には、またキャッシングも利用できるようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ