にゃんこメモにゃんこメモ

年収が少ないとお金は借りられない?キャッシングの審査と年収

キャッシングの審査に大きく関わるポイントの一つが、年収です。年収から生活経費を引いた残りの分が返済能力となるため、それ次第で借りれる金額も、また借りれるかどうかも変わってくると言えるでしょう。

こうした、年収と審査の関係について、ここでは詳しくチェックしていきます。

 

借りれる?借りれない?年収のボーダーライン

お金を借りられるかどうかを分けるボーダーラインは、一般的に、年収200万円だと言われています。200万円以下の場合は、融資を断られてしまう場合もあるようです。

ただし、年収200万円以下=絶対に借りられない、というわけではありません。他の審査項目(勤続年数や住宅のタイプ、他社借り入れの有無など)や、融資の希望金額も含めて判断されるため、年収200万円以下の方でも、お金を借りられる場合もあります。逆に、年収が200万円以上あっても、他の審査項目との総合判断で、審査に通らない場合もあります。

 

総量規制と年収の関係

もう一つ、審査と年収の関係で知っておきたい点は、「総量規制」です。これは、年収の3分の1以上の借り入れを禁止するルールで、法律で定められています。

これは、「借入額の合計」で判断されるものです。たとえば、年収300万円の方の場合、借入できる金額の合計は100万円ですね。この人がA社から50万円、B社から30万円借りていた場合、現在の借入額は合計80万円。ですので、さらにお金を借りようと思うと、どの消費者金融に申し込んでも、残り20万円分しか貸してもらえなくなります。

同様に、年収1500万円の方が、500万円の借り入れをしていた場合、すでに総量規制に抵触しているため、どこの消費者金融からもお金を借りられません。

ただし、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。審査が緩いわけではありませんが、年収の3分の1以上になる貸付が可能になる場合もありますよ。

 

年収が低くても、審査に通る場合もある?

キャッシングの審査は、年収のほかにも、職業、住居、家族構成や、今までの借入・返済実績、自己破産を経験しているか、現在の他社からの借入残高…など、さまざまな項目から、総合的に判断されています。そのため、「年収が多いから絶対に借りられる」ということも無ければ、「年収が少ないから絶対に借りられない」ということもありません。

業者によって、年収をどのくらい重要視しているかも違います。1社の審査に落ちても、別の1社では認めらえることも珍しくありません。
また、「5万円借りて1か月で返す」といった短期・少額融資であれば、年収がネックになって審査に落ちることは、ほとんどないと言われています。

業者選びや借入希望金額、返済計画などを見直して、自分に合った、無理のない金額とプランで申し込むのが、一番確実な方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ