にゃんこメモにゃんこメモ

お金無い貧乏な私でも審査に通ったカードローンは?口コミ体験談で判明!

「お金がないから、カードローンの審査も通らないはず…」
「私は貧乏だから、きっとお金も借りられない…」

そんな風に困ってしまっている方も、実は多いのではないでしょうか?

私も昔、フリーターをやっていた頃は、こうした事が何度もありました。
2年に1度の家賃の契約更新料が払えない…。健康保険税を滞納してしまい、何万円もの請求が来てしまった…。
実家や友人に頭を下げてお金をかき集め、そのために犠牲にしてしまった人間関係もあります。何年もたった今でも、ニガい思い出です。

「アルバイトのフリーターでも、10万円、20万円ぐらいならカードローンで借入できる」
「借りたお金は、分割で無理なく返済できる」

こういった“お金のやりくりの知識”を、あの頃の私がちゃんと持っていれば、周りの人にたくさんの迷惑をかけることもなかったでしょう。

前置きが長くなりましたが、こうした私自身の苦い経験から、今回の記事をお届けしていきます。
「お金が無い、貧乏」…そんな人でも審査に通って借りれるカードローンについて、口コミなどを調べた結果をご覧ください!

収入が少ない=返済能力ナシではありません!

カードローンの審査で大切になるのは、『返済能力』だと言われていますね。
返済能力とは、文字通り“お金を返す力”。なので、収入が多いほど返済能力も多い…と思えますが、実はそう単純な話でもないんです。

たとえば、年収が何千万円もある人でも、高額な住宅ローンや自動車ローンをたくさん抱えていたら、支出も多いですよね。なので返済能力も、そのぶん減ってしまいます。

一方、年収が少ししかない人でも、支出がそれなりに抑えられていれば、返済能力の評価は“意外と悪くない”結果になることも。

さらに言えば、『借入額に対して、十分な返済能力か』という観点もあります。
カードローンの月々の返済額は、“借入額に応じて変わる”業者がほとんど。なので、借入額が少なければ、月々の返済額も少なくなります。

たとえば月々5000円の返済額なら、『毎月5000円を払える能力』があれば、“返済能力は十分”という事になりますよね。

実際にはもっと高度なノウハウで審査されますが、『返済能力』の基本的な考え方としては、こんな感じになります。
だから、収入に自信がない、自分は貧乏…という人でも、無理のないカードローンの利用が可能なんですね。

 

最低限の生活にも困るほど貧乏…そんな方は国の福祉制度を!

「貧乏」と一言にいっても、その度合いや事情には、人それぞれ違いがあると思います。

何らかの理由で働けなかったり、失業後、新しい就職先が見つからなかったり…。すでにたくさんの借金を抱えてしまい、返済の重圧でお金がない方もいると思います。

「収入が得られず、最低限の日々の暮らしにも困ってしまう」
そんな状態になってしまったら、カードローンではなく、国の福祉制度を頼ってみてください。

生活困窮者自立支援制度
働きたくても仕事がない、家庭の事情で働けない、心が疲れてしまって社会に出れない…。いろいろな事情をお持ちの方を助けるための制度です。

生活福祉資金貸付制度
お金を借りないと困ってしまう…でも、カードローンの審査に通らず、どこからもお金が借りられない…。そんな方を助けるための、政府の公的な福祉制度です。

債務整理
借金苦に陥ってしまった方を助けるための、“国の認めた合法的な借金減額・免除”の制度です。ブラック多重債務で困っている方は、この方法で解決を目指しましょう!
法テラスや、債務整理に強い全国の弁護士・司法書士が、無料相談窓口を用意しています。

「お金には困っているけど、国や自治体に助けてもらうほど貧困ではないわ。」
「苦労はあるけど、働いていて収入もあるし、暮らしていく分には大丈夫。」

そんな方は、効果的なお金のやりくりの方法として、カードローンも検討してみてくださいね!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ