にゃんこメモにゃんこメモ

カードローン、キャッシングの手続きの流れ

それでは、実際にキャッシングやカードローンを利用してみましょう!
どんな申込みから、お金を借りるまでの流れを、簡単にまとめてみました。

 

キャッシング・カードローンの、3つの申込み方法

キャッシングやカードローンを申し込む方法は、大きく分けて3つあります。1つ目は、無人契約機を利用する方法。2つ目は、電話で申し込む方法、3つ目は、スマホやパソコンを使い、ネットから申し込む方法です。

今はほとんどネット申込みが主流になっているので、この方法で解説していきます。

 

やってみよう!キャッシング・カードローンの申込み手続き

それでは、手続きの流れを見ていきましょう。

利用したいサービスの、申込みページにアクセスします。

簡易審査で、借入できるか確認します。
簡易審査は、希望の借入ができるかを、申込み前にかんたんに診断できるサービスです。自動で計算され、結果がすぐに返ってきます。
ここでOKなら、本番の申込み手続きに移りましょう。

申込み欄に、必要事項を入力していきます。
入力する情報は、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレス、職業、年収、勤続年数、勤務先の連絡先などです。また、現在他社の借り入れがあるかどうか…なども記入する必要があります。
すべて記入したら、送信ボタンを押して完了です。

必要書類を送信します
身分証明書(免許証、保険証など)の写しを送信します。専用のアプリやWEBフォームなど、スマホ・PCですぐに送れる業者がほとんどです。

本人確認などの連絡(電話)があります。
本人確認や、勤め先への在籍確認といった電話連絡があります。犯罪に巻き込まれるのを防止するなど、自分自身を守ることにもなる確認です。しっかり対応しましょう。

審査完了!
数十分~数時間程度で審査が完了します。即日融資サービスであれば、最短ならその日のうちにお金を受け取れます。
また、融資枠の申込みだけしておき、後から好きな時に借りることも可能です。

 

どの業者も、誰でも簡単に利用できるよう、丁寧な案内がされています。ヘルプデスクやコールセンターが整っている業者も多く、わからない点はすぐに問い合わせもできます。

まずは実際に、利用したいキャッシングやカードローンの、申込みページを見てみて下さいね!

 

完済するまでが、キャッシング・カードローンです

小学校の先生なら、「家に帰るまでが遠足です」と言いますが、キャッシングやカードローンも似ています。「お金を返すまでが、キャッシング、カードローンです。」

お金の返済日は、月々の決まった日、もしくは35日ごとになります。ほとんどの場合は、わかりやすいので「月々の決まった日」になるでしょう。

一括返済もできますが、額が大きい場合は、何回かにわけての分割返済にすることが多いですね。

返済は、銀行振り込み、各社の提携ATM、自動引き落としなどの方法になります。どんな返済方法が使えるかも、業者によって異なるので、事前に確認しておきたいですね。

借りた額+利息分を全て返済し終わって、完了となります。

 

~ワンポイント:きちんと返すとメリットもある?~

延滞、滞納をせずに、計画どおりきちんと返済すると、信用情報の評価が上がっていきます。「この人は、お金を貸してもちゃんと返してくれる、信用できる人だ」と、信用情報機関に記録されるんですね。

こうして評価が上がっていくと、たとえば借入限度額を増やせるようになったり、次回から金利をお得にしてもらえたり…、メリットが発生する場合もあります。

また、信用情報は、業界全体で共有されています。そのため、他社からの借り入れや、クレジットカードの契約なども審査が通りやすくなるなど…、他の会社のサービスを利用する時も有利になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ