にゃんこメモにゃんこメモ

女性向けカードローン・キャッシング

「お金を借りる」というと、なんとなく不安を感じてしまいますよね。

「借金なんて、人に知られたら恥ずかしいし…」
「もしも返せなくなったら、すごく怖い目に遭うんじゃないの?」

特に女性にとっては、こうした不安はとっても大きいですよね。
家計を預かり、節約を毎日がんばったり、空き時間にパートに出て収入を増やしたり…と、日々お金に向き合っている女性でも、「借りる」となると、どうしても気持ちがざわついてしまいます。

ですが、そんな女性の気持ちにしっかりと向き合ってくれるキャッシングやカードローンもあるんですよ!

 

プロミス

金利:4.5~17.8%(実質年率)
借入限度額:1万円~500万円
30日間無利息(※1)
Webなら即日融資も可能

主婦でも満20歳~69歳で、自身に安定した収入のある方ならお申し込み可能!
50万円までの借入なら、原則として収入証明書も不要(※2)。Webなら即日融資も可能!

 

女性向けカードローン
一覧に戻る

 

女性向けカードローンとは

女性向けカードローンとは、女性に利用しやすい、女性にとっての魅力や安心、利便性を考えて作られたカードローンです。

女性スタッフが対応、または誰にも会わないWeb完結
女性らしい魅力的なカードデザイン
夫や家族に内緒で利用できるよう、プライバシーを守る工夫

…といった点が、女性向けカードローンの大きな特徴になります。

 

女性向けカードローン
一覧に戻る

 

女性向けカードローンの審査と申し込み確認

まずは、女性向けカードローンの審査について解説します。女性向けカードローンは、通常のカードローンと比べて、審査が甘い・緩い…ということは、基本的にありません。

ただし、特に厳しい審査をしなくても済むよう、借入限度額が低くなっていたり、また収入証明書が不要な範囲内で利用できるよう設定されていたりと、カードローン会社により様々な工夫がされています。

 

女性向けカードローンの主な契約方法

女性利用者の気持ちとして、

「契約するときに、あまりスタッフと話をしたくない」
「男性スタッフに顔を合わせて契約手続きをするのは怖い」

といった方もいると思います。
そんな女性の気持ちに沿った形として、女性向けカードローンの多くは、「Web完結」や「Webと郵便」などで契約できるよう、仕組みが整えられています。誰にも会わずに、家にいながら契約・借入できるカードローンも多くなっています。

 

女性向けカードローンは専業主婦も利用できる?総量規制との関係

「女性向けカードローン」の中には、専業主婦の利用OKとする会社と、専業主婦では利用できないカードローンと、2つのタイプがあります。

銀行カードローンなど、総量規制の対象外となるものは、専業主婦OKとしている場合もあります。ですが一方で、総量規制対象外でも“専業主婦の申し込み不可”とする銀行カードローンもあります。

消費者金融の場合、貸金業法の決まりにより、自身に年収のない専業主婦は利用できません。これは法律による規制なので、どの消費者金融でも原則として同様です。

ただし、「おまとめ」や「借り換え」プランなど、総量規制の例外措置となるケースも存在します。ですが、一般的な消費者金融によるフリーローン・多目的ローンでは、たとえ“女性向け”“女性専用”であっても、自身に収入のない専業主婦は利用できない事になります。

 

女性向けカードローンと配偶者貸付の違いとは?

女性向けカードローンと、配偶者貸付とは、基本的に性質が大きく異なります。
配偶者貸付とは、配偶者の年収と本人年収を合算し、二人分の年収の1/3まで借入が可能になる“総量規制の例外”として利用できる制度です。自身に収入のない専業主婦の場合、配偶者貸付であれば、夫の年収を本人年収と捉えて利用できる事になります。

一見すると便利に思えますが、配偶者貸付に対応しているカードローンが実質ほとんど無いことや、利用にあたって配偶者の同意を得る必要があるなど、現実的にはいろいろと難しさがあります。

一方、女性向けカードローンは、そうした複雑な社会制度や法律に基づくものではありません。あくまでカードローン会社側のサービスやプランの一つとして、展開されています。
そのため、“女性向け”と一言にいっても、実際にどのようなサービスがあるのかは、カードローン会社により異なります。

一般のキャッシングローンとまったく変わらないものの、女性専用の相談ダイヤルを設けているだけで“女性専用”と名乗るカードローンもあります。その一方で、女性専用のローンカード、女性向けの借入限度額設定など、完全に女性目線で作られたカードローンもあります。

 

結婚を考えるなら、カードローンは利用しないほうがいい?

カードローンの利用を検討している女性の中には、「借金があると、結婚できなくなるのでは」とお悩みの方もいるようですね。

「結婚を控えているのですが、カードローンは利用しないほうが良いでしょうか?」

といった悩みが、ネットの質問サイトなどでも見受けられます。

イメージの問題もあると思いますが、自身の返済能力を超えた“借り過ぎ”でなければ、問題ないのではないかと思います。
たとえば、年収300万円の女性が、200万円も500万円も借金を持っていたら、パートナーも少し心配になるかもしれませんね。ですが、「スラリで10万円だけ借りている」とか、「静岡銀行セレカで5万円だけ借りている」など、少額の借入であれば、特に問題とならないと思います。

「借り過ぎない」「使い過ぎない」に注意し、また“借り過ぎ防止”の仕組みが整っている女性向けカードローンの計画的な利用であれば、結婚を控えている方でも、大きな問題にならないと思います。

 

クレジットカードとカードローンは女性なら比較するとどちらが良い?

クレジットカードを使っている女性も多いと思います。カードローンと比較すると、どちらのほうが安心なのでしょうか。

カードローンも利用し過ぎなければであれば、クレジットカードとそれほど大きく変わらないと考えられます。
クレジットカードのリボ払いで50万円のショッピングをするのと、50万円をカードローンで借りてお買い物をするのでは、大きな違いは、ほとんどありません。

クレジットカードとの大きな違いは、カードローンの場合、利用限度額の範囲内で、いつでも借入や返済ができる事でしょう。

また契約内容次第では、クレジットカードのリボ払いよりも、カードローンのほうが利息が安くなったり、返済しやすくなる可能性もあります。

もちろん、使用感や利便性には様々な違いがありますが、その点は個人の好みで選んでも良いでしょう。

ですが、クレジットカードと比較して、カードローンのほうがリスクが高い、心配、借金地獄になりやすい…といったことは無いと言えます。

 

カードローンは借金地獄や取り立てが怖くない?

カードローンというと、不安なイメージをお持ちの女性も、まだまだ多いのではないでしょうか。

「借金地獄にならない?」
「怖い人が取り立てに来ない?」

…と、まるで漫画の“ミナミの帝王”や“うしじまくん”のようなイメージですね。

ですが、ああいった漫画やドラマで描かれている“怖い金融屋”は、基本的に“違法なヤミ金業者”です。
闇金を利用してしまえば、ドラマのような怖い取り立て被害に遭ってしまいます。ですが、健全なカードローン会社の利用であれば、借金地獄になったり、怖ろしい取り立て被害にあったり…といった心配はありません。

当サイトで掲載しているカードローン会社は、すべて金融庁や公的機関への届け出が確認されています。また、反社会勢力への対応方針をしっかりと定め、警視庁や警察庁、消費者センターなどとも協力し、暴力団関係者の追放にも努めています。

国の認めた、安全なカードローン会社のみをご紹介しているので、「カードローンの利用が不安」という方こそ、ぜひ当サイトおすすめのカードローンから選んでみてくださいね!

女性向けカードローン
一覧に戻る

 


■注釈

●プロミス
※1 30日間無利息をご利用になるには、メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
※2 借入希望額が50万円を超える場合、もしくは他社借入と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ