にゃんこメモにゃんこメモ

キャッシングの金利、利息、上限はいくら?計算方法は?

キャッシング、銀行カードローン、ローン…いろいろなお金の借り方がありますが、どの方法も、基本的に「金利」が発生します。
このページでは、金利の基本について解説していきます。

 

キャッシングの金利は、18%~20%だと思って計算しておこう

まず一番最初に、心構えとして、キャッシングの金利(実質年率)は18~20%だと思っておきましょう。
これは、利息制限法で決められた「金利の上限=法定金利」です。
借入金額によって、次のように決められています。

法律で決められた金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円~100万円の借入18%
100万円以上の借入15%

実際はもっと低くなる場合もありますが、「最大限の金利がかかる」と思っておいたほうが、気分がラクです。

利息の計算は、次の通りです。

金利(利息)の計算式

利息 = 借りた金額 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

例:実質年率20%で1万円借り入れた場合の1ヶ月の利息
利息(約165円) = (10,000円×20%÷365日)×30日

 

金利が法定金利より安くなるケース

心構えとして、法定金利と思っておいたほうがいいとは書きましたが、実際にはこれより安くなるケースもあります。

基本的に、借入金額が多くなればなるほど、金利は下がっていく傾向にあります。
また、銀行系キャッシング(カードローン)の場合、最低額の借入でも、14%程度になることもあります。

こうした“振れ幅”も含めて、キャッシング業者の広告では、○%~18%といった表記がされます。
この表記の低いほうを見て、「金利が安い」と判断しても、実際には18%かかることも多いので注意しましょう。

 

金利が法定金利より高くなる業者はあるの?

最後にもう一度、法定金利の数字を確認しておきましょう。

○10万円未満の借入 … 20%
○10万円~100万円の借入 … 18%
○100万円以上の借入 … 15%

どんな業者でも、これ以上の金利が掛かることはありません。
これ以上の金利を取ることは違法になるためです。

逆に言えば、利息制限法で定められた上限金利以上の利息を取る業者は、間違いなく闇金融です。
闇金業者を利用すると、人生がボロボロになってしまうので、絶対にやめましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ