にゃんこメモにゃんこメモ

20万円を金利18%で10回払い…返済額の目安はどのくらい?

お金を借りた時は、必ず返さなければいけませんよね。
友達や家族から借りた場合は、借りたお金をそのまま返せば大丈夫…という場合が多いと思います。ですが、銀行や消費者金融から借りた場合は、借りたお金に“利子”をつけて、分割で返済しますよね。

こうなると、「結局いくら返せばいいの?」と、トータルの返済金額を計算するのが、少しややこしくなってしまいます。そこで今回は、こうした返済金額の目安について、詳しくご紹介していきます。

「キャッシングでお金を借りると、返済額が膨れ上がって借金地獄になるんじゃないの?」
「金利の計算って難しそうで、お金を借りるのが不安…」

そんな疑問や不安を、スッキリさせてみましょう!

 

まずは具体例でイメージをつかもう!

まずは、返済の具体例を見て、基本的なイメージを掴んでみましょう。次の表は、『年利18%で20万円を借り、10回で毎月返済する』ケースです。(ここでは、一か月を30日として計算します。)

返済の目安01

表を左から見ていきます。毎回の返済額が、ちょっとずつ減っていますよね。これは、「毎回返すお金の利子」が減っているためです。

「元金の返済」は、毎回2万円で変化しません。ですが、利子のほうはどんどん減っていきます。これは、利子が「残りの借金」に対して掛けられ、毎回計算しなおされるからです。

例えば、これを『一括で返済』した場合、利子は一回目:3000円と変わらないので、返済額の合計は【203,000円】となります。10回払いのケースだと、合計【216,500円】。つまり、お金はなるべく早く返したほうが、トータルで支払う金額も少なるなるんですね。


逆に、月々の返済額が少なすぎると、こんなことにも…。

返済の目安02

利子の分しか返済できないので、いつまで経っても借金が減らず、ずっとお金を払い続けることになります。
実際には、どの銀行や消費者金融も、こうした事態に陥らないよう、返済方式に工夫をしたり、最低の返済金額を設定したりしています。

※ただし闇金の場合は、この方法を悪用して、「いつまでも借金を返済させず、利子分だけ吸い取っていく」手口を使うのが一般的です。なので闇金を利用すると、借金地獄になってしまうんですね。

 

毎回の利子の計算方法

それでは、毎回の利子の計算方法をご紹介していきます。これを理解しておくと、返済額の目安を自分である程度計算できるようになります。大切な話なので、「算数は苦手…」という方も、お手元に電卓を用意してチャレンジしてみてくださいね!

まず、次の式を見てください。

{(借りている金額 × (金利÷100)} ÷ 12

この式は、借りている金額に対する、一か月の利子を計算するものです。
最初の{(借りている金額 × (金利÷100)}で計算できるのは、【一年間、借りた場合につく利子】です。今回は毎月返済していくので、これを一年12か月で割って、一か月分の利子を計算します。


『年利18%で20万円を借り、10回で毎月返済する』ケースの場合、最初の返済は次のようになります。(一か月を30日として計算します。)

利子 : {(20万円 × (18÷100)) ÷ 12}= 3000円
元金の返済 : 20万円 ÷ 10回 = 2万円
支払い合計 : 23,000円

新しい式が出てきましたね。「元金の返済」は、借りているお金の返済分です。今回は20万円を10回で返済するので、一回あたりの返済分は、20万円を10回で割った金額=2万円となります。

さて、一回目の返済で、23,000円を支払いました。
これで借金は、20万円から23,000円を引いた、残り17,7000円…ではありません。利子のぶんの3000円は、借金の返済とは違うので、残りの借金から引かれないんです。残りの借金(債務残高)は20万円 – 2万円の、18万円となります。

では今度は、2回目の返済を見てみましょう。

利子 : {(18万円 × (18÷100)) ÷ 12}= 2700円
元金の返済 : 20万円 ÷ 10回 = 2万円
支払い合計 : 22,700円

元金の返済の計算は変わらず、今回も2万円です。ですが、今回の支払い合計金額は減っていますね。これは、利子が減っているためです。

『20万円を借り、10回で毎月返済する』というのは、言いかえると次のようになります。

最初の一か月は20万円を借りている
次の一か月は、18万円を借りている
・その次の一か月は、16万円を借りている


・・・

お金を少しずつ返すごとに、「借りている金額」が減っていくんですね。なので当然、利子も減っていくわけです。

 

利子の計算、すごくややこしい!…その解決方法とは?

ややこしい数字や計算式ばかり出てきて、ちょっと疲れてしまいましたね。でも、ここからは難しい話はありません。コーヒーでも飲んで一息入れながら、続きをお読みください。

利子の計算を毎回し直さないと、返済金額のトータルはわかりません。これが一番、面倒に感じる部分だと思います。

そこで活用したいのが、消費者金融の各社サイトに用意されている「返済シミュレーション」です。借入金額、年利、返済回数を設定すると、「毎月いくらの返済で、利子がどのくらいで、元金はどのくらい減るのか」…つまり、ここで計算したようなこと…を、すべて自動で計算してくれます。

借入をしなくても、誰でも気軽に利用できるので、まずはこれでちょっと遊んでみましょう。「50万円を20回払いだと?」「2万円借りて1か月で返す!」など、いろいろ入力して結果を見てみてください。

借りたお金の返済の目安が、なんとなく掴めるようになりますよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ