にゃんこメモにゃんこメモ

借りたお金の返済日は毎月何日になるの?

キャッシングやカードローンの返済日について、かんたんに解説していきます。
といっても、ここで覚えておきたいポイントは、たったの二つだけですよ!

(1)毎月決まった日か、35日ごとの支払かを選べる
(2)毎月の場合、いつ支払日にするのかを、自分で決めれる業者も多い

基本はこれだけです!

ですが、いくつかのポイントを抑えておくと、返済がよりラクチンになるので、ご紹介していきますね。

 

毎月決まった日に返すほうが、わかりやすい!

35日ごとのほうが、返済日から次の返済日まで日数があるので、ラクなように思えますよね。ですが、「今月は何日、来月は何日…」と、月ごとに違ってくるので、スケジュール管理がちょっと大変です。

それよりもシンプルに、「毎月○日に返済」としたほうが、わかりやすくて便利ですよ!

 

給料日=返済日に設定しよう!

「お金が手元にあると、ついつい使ってしまう」という方には、この方法が特にオススメです。

毎月の返済日を自分で決めれる場合、「給料日=返済日」にしてしまうんです。そうすれば、お給料が入ったら、その中から即・今月の返済分を払えば良いので、滞納してしまう心配がぐっと減ります。

キャッシングやカードローンは、一日でも滞納すると信用情報にキズがついてしまうので、滞納を避けることはとても大切です。そのためにも、給料日=返済日に設定するのが、もっとも安全なんですよ!

 

返済日を変えることもできる!

一度決めた返済日を、別の日に変えることはできるのでしょうか?

これは簡単なようで、意外と難しい…手間のかかる手続きの一つです。返済日は「契約」になるので、契約時に決めたものを変えることは、契約変更の手続きになります。なので、たいていの業者では、電話で手続きをしたり、担当の方に相談することになります。
(ただし、一部の大手消費者金融では、ネットでの手続きが可能になっています。)

「返済日を変更したい」「先延ばししたい」というと、業者側にキツいことを言われるのではないか、あるいは困らせてしまうのではないか…と、心配になる方もいるかと思います。
ですが、返済日の変更だけなら、事務的に行えるので、そんなに心配はいりませんよ!

「今月の支払いが厳しいから、一か月延長してほしい」といった先延ばし(いわゆる“ジャンプ”)の場合は、理由や事情を説明して、相談にのってもらう必要があります。その場合、その月の利息のみを支払う形になることも多いようですね。

ただし、何事も問題なく、無事に返済し終えるのが一番良いことに変わりはありません。
しっかりと冷静に判断し、無理のない利用を心掛けていきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ