にゃんこメモにゃんこメモ

借りる前に知りたい、返済をスムーズ化する3つのポイント

お金を借りた後、スムーズに返済できると気持ちいいですよね!
そこで今回は、返済をスムーズにするために、借りる前に知っておきたいポイントを紹介していきます。

 

ポイント1:借り過ぎない!!

お金を借りる時は、「借り過ぎない」のが基本中の基本です。「いまさら言われなくても…」と思う方も多いかもしれませんね。ですが、基本が一番大事です。

キャッシングやカードローンに慣れてくると、あまりの手軽さに、「自分の銀行預金と同じ感覚で借りてしまう」となってしまいかねません。
確かに、1万円ぐらいの借入なら、キャッシングの利息のほうが、銀行の引き落とし手数料よりも安かったりするので、それはそれで賢い方法の一つです。

ですが、これが5万円、10万円、20万円…と額が増えてくると、話は違ってきます。預金を引き出す感覚で借りてしまい、気が付いたら借り過ぎに…なんてこともあります。

「借り過ぎは絶対にしない」と普段から意識しておくことが、キャッシングやカードローンを上手に活用していくポイントです。

 

ポイント2:余裕を持った返済額…でも少なすぎても逆に大変?

二つ目のポイントは、「月々の返済額に余裕を持つこと」です。

たとえば、月の収入から生活費を引いて、5万円が残る生活をしていたとしましょう。余裕が5万円ありますから、それを全部、月々の返済に充てても生活に支障は出ませんよね。

ですが、もし避けられない臨時出費が起きたら、つい使いすぎてしまったら…とたんに、お金を返すのが大変になってしまいます。

なので、「“想定外”の出費もある」と“想定”して、余裕を持った返済額を設定するのがポイントです。


ただし、いくら余裕を持つ…とはいえ、30万円、50万円を借りて月々1万円返済…なんて計画にしてしまうと、今度は利息と元金返済のバランスが取れず、なかなか借金が減らなくなってしまいます。

余裕を持ちつつも、できるだけ素早く返済していけるよう、返済額を決めていきましょう。

 

ポイント3:余裕のある時は多めに返済して、借入期間を短縮する

お金を借りる時、「毎月いくら返済しますよ」と契約で決めますが…この契約内容、実は“最低支払額”として決められるんです。つまり、「毎月“最低でも”この額は返済します」という決め事なんですね。ですから、それより多めに返しても、実はまったく問題ありません。多めに払った分、借入期間が短縮されるので、利息も減りますし信用評価も上がります。良いことづくめなんです。

例えば、月々2万円で10か月払いの返済計画で契約したとしましょう。「今月は余裕があるから、4万円払っておこう」…そうすると、返済期間が1か月分短縮されます。もしもこの計画で、毎月4万円ずつ払っていけば、借入期間は5か月=半分に短縮されます。

そのぶん、利息の支払額も減るので、あなたのお財布にもお得になります。さらに「この人は計画よりも早く借金を完済した」と、素晴らしい実績が個人信用情報として記録されるので、今後の借り入れが有利になることもあります。

 

まとめ:3つのポイントを意識して、スムーズな返済を!

「借り過ぎない」
「余裕を持ちつつ、早めに返せる返済計画」
「余裕がある時は、多めに返済して借入期間を短縮」

この3つのポイントを意識し、実践していけば、返済はとてもスムーズになります。キャッシングやカードローンを気持ちよく・有利に使うポイントでもあるので、ぜひ実践してくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ