にゃんこメモにゃんこメモ

意外とわかりやすい、元金定額返済方式の仕組み

このページでは、キャッシングやカードローンの返済方式の一つ、「元金定額返済方式」について解説します。

元金定額返済方式とは、毎月返済するお金を「一定」にし、残りの借入残高に応じて、利子が減っていく返済方式です。
言葉は少し難しい印象ですが、考え方はとてもシンプルなんですよ!

 

毎月の利子が減っていく、元金定額返済方式

30万円を金利15%で借入し、元金定額返済方式で、15回で返済するケースを見てみましょう。

元利定額返済方式

毎月の支払い金額が、少しずつ減っていますよね。毎月の「元金の返済」は2万円で一定ですが、利子のほうがだんだんと少なくなっています。「元金」は「定額」で返済していくので、「元金定額返済方式」と言うんですね。

では、なぜ利子が少なくなるのでしょうか。表の一番右の、「借入残高」を見てください。利子の金額は、「借入残高」を元に毎回計算しなおされます。なので、借入残高が減れば、利子の支払いも減るんですね。元金は定額でも、利子が減るので、月々の支払い金額も減っていくわけです。

なので、支払回数が少なくなる=早く返済すればするほど、掛かる利子も少なくなります。「月々の負担」を考えれば、分割回数は多いほうがラクですが、「トータルでの負担」を考えると、分割回数が少ないほうがお得なんですよ!

 

元金定額返済方式のメリットとデメリット

元金定額返済方式のメリットは、「月々の負担が軽くなっていく」ことではないでしょうか?先月よりも今月、今月よりも来月…と負担が少なくなっていくと、精神的な負担も軽くなっていきますよね。

また、元金の返済は定額なので、返済計画が立てやすいのも、良い特徴だと思います。30万円を15回払いなら、元金は30万÷15回で、一回2万円。20万円を5回払いなら、20万÷5回で一回4万円…と、すぐに計算できますよね。

あとは、それに利子が掛かっていくと考えれば、大雑把ではありますが、月々の返済額の目安がイメージしやすいと思います。


一方デメリットとしては、「返済の最初のほうは、利子もまとまって掛かるので、負担が大きく感じる場合もある」ことです。特に借入金額が大きいと、そのぶん利子も大きくなるので、負担の実感も強くなりますね。

逆に、50万円以下の少額キャッシングであれば、利子も大きくても数千円なので、こうした負担の実感はあまり差がないと思います。
少額の借入に向いている、消費者金融に適した返済方法なのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ