にゃんこメモにゃんこメモ

自営業・個人事業の借金は経費になりますか?

ご質問:自営・個人事業の借金は経費になりますか?

借金の返済額って、個人事業の経費に計上できるんでしょうか?
カードローンでお金を借りて返済したのですが、これが経費になるかどうか知りたいです。
借りたお金は、事業の備品購入に使いました。

ご回答:お近くの税務署、または税理士の方にご確認ください

ご質問ありがとうございます。
今回のご質問は、個人事業主、自営業者の方の“経理”に関する内容ですね。

当サイトはキャッシング、カードローンの情報や知識を扱うサイトなので、経理の問題は専門外になってしまいます。
なので、正確なお答えは保証できませんが、私のわかる範囲でお答えしたいと思います。

詳しくは、お近くの税務署、または税理士の方に確認してくださいね。

 

借金の返済額は経費に計上できるかどうか

まず、借金の返済というのは、基本的に「使ったお金」ではありません。
最初に借りているわけですから、それを返してプラスマイナスゼロですよね。

ですから、返済額を経費とするのは、難しいのではないかと思います。

ただ、返済額と別に「利息」があります。
返す時は、元金返済と利息支払い、両方をまとめて行うので、あまり意識しませんが…。
利息は、+アルファで支払っている部分なので、「経費」になると思います。

帳簿の記帳上は、元金返済は「勘定項目:借入金」「摘要:借入金返済」、利息の分は、「勘定項目:利子割引料」「摘要:借入金の利息」と、2つにわけて記帳します。

経費にはならなくても、しっかり記載しておいたほうが良いでしょう。

 

補足説明:事業用資金をカードローンで借りるって可能なの?

ここからは、読者の皆様向けの解説です。

詳しい方なら、今回のご質問を読んで、「事業用資金を借りるなら、事業用貸付じゃないの?」と疑問に思われたかと思います。

確かに、事業に使うお金の場合、金融機関の事業用貸付を利用するのが一般的です。ですが、キャッシングやカードローンなどの個人向け融資…いわゆるサラ金、消費者金融…でお金を借りて、事業資金に充てることも、実は可能なんです。
なぜなら、これらの貸付サービスは「用途を問わない」からです。


金融機関の事業用貸付は、個人向け融資に比べて利息率が有利になります。一方、利用のためには厳しい書類審査や面接に通る必要があり、またその使途も限られます。さらに、申し込みから融資実行まで、何か月も掛かります。担保や保証人も必要となります。

一方、個人向け融資は、WEBからすぐに申込みができ、審査も事業用ほど厳しくはありません。融資実行のスピードも速く、最速で即日融資もあります。さらに、無担保・無保証で利用できます。

こうしたメリットがあるため、急ぎで資金を用意したい場合は、事業用貸付よりもキャッシングやカードローンを利用したほうが、ビジネスが円滑に進む場合も多くなるんですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ