にゃんこメモにゃんこメモ

出産費用を借りたほうがいい?妊娠したけど貯金が足りなくて不安…

ご質問:出産費用に不安があります。借りれる場所はありますか?

30代既婚です。
先月、妊娠が発覚しました。

子供ができたことはうれしく、彼も喜んでくれています。
ですが、出産費用をきちんとに計算してみたら、貯金+出産一時金でも、ちょっと不安があるんです。

足りないわけじゃないですが、私ももうそんなに若くない自覚があるので…。
出産が大変になったりしたら、お金が足りなくなるかも、と心配です。

あと20万円ぐらい用意できると、安心できるんですが、もう用意する手立てが、借金ぐらいしか思いつきません。
私たち夫婦は駆け落ち同然で結婚したので、お互いの実家も頼れないです。


20万円、お金を借りて、出産に備えたほうがいいでしょうか?
それとも、今あるお金だけで、やりくりしたほうがいいでしょうか?

回答:出産費用の予備費は、絶対にあったほうがいい

まずはご懐妊、おめでとうございます!
元気な赤ちゃんを産んで、大切に育てたいですよね。


さて、「出産費用は足りているけれど、万が一に備えると、ちょっと不安がある」とのご相談。
当サイトでも、数字を出して計算してみました。


≪出産にかかる費用≫
妊娠中の定期健診+分娩費用 … 40万円~60万円

基本はこれだけですが、お産が大変になってしまうと、いろいろと追加費用が発生する場合もあります。

たとえば、赤ちゃんが未熟児で生まれた場合、NICU(新生児特定集中治療室)に入る場合もあります。。この間の入院費は、未熟児養育医療制度により、支払いが10分の1になりますが…。
それでも、出費が増えることに違いはありませんね。


こうした予算も考えて、しっかり準備しておかないと、「助かるはずだった命も助からない」「ぎりぎりで助かった命だけど、そのせいでお金が底をつきてしまい、産後の生活がままならない」なんて悲劇にもなりかねません。

ですから、「予備費を用意したい」と考えるご質問者様の判断は、きわめて賢明だと思います。

 

借入するかは、どちらのほうが不安が無いかで判断を

さて、ご質問者の場合、出産の“万が一のため”に備えて、予備費を20万円ほど、借入で用意しようかご検討中とのこと。

「たとえ1円でも、借金をするのは絶対にイヤ」といったお気持ちならば、無理をして借入しなくても良いと思います。

妊娠中のお体は、メンタル(気持ち)の影響をとくに大きく受けてしまうもの。
あまり大きなストレスを抱えることも、リスクになってしまいます。

従って、「借りたほうがいいか」「借りるべきでないか」は、“どちらのほうが、自分にとって、より不安が少ないか”で判断するのが良いと思います。


もしも借入れに抵抗がなく、返済も無理がないのでしたら、カードローンで借りておいてほうが安心だと思います。また、実際に借りなくても、契約してカードだけ作っておけば、いざ必要になった時に素早く借入できます。「契約だけしておく」というのも、方法のひとつです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ