にゃんこメモにゃんこメモ

貯金ナシでも子供を産める?出産費用を借りる&もらう!相場や平均額はいくら?

「子供を産みたいけれど、お金が不安で…。」

そんなアナタのために、出産費用に関するアレコレを徹底解説していきます!
お金がなくても、貯金がなくても、出産費用は何とかなる!?

すべての女性が、「子供が欲しい」という願いを叶えられるために…。
お金のせいで、かけがえのない命のバトンをつなぐことを、諦めてしまわないために…。


私の持っている、いろいろな知識を共有していきますね!

男性の方へ

このページをご覧になっている男性の方は、「パートナー女性が子供を欲しがっているけれど、お金の工面をどうしようか?」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そうした男性の方にも、お役に立てる情報やアドバイスを載せていくので、ご覧になってくださいね!

出産費用の平均や相場はいくら?必要な金額をチェック!

まずは、出産費用のおおまかな相場をご紹介します。

≪病院でかかる費用≫

妊娠中の検診、分娩(出産)費用などが、トータルで40万円~50万円ほどです。
この相場は、個人医院(助産院、クリニック)でも、総合病院でも、さほど変わりはありません。


ただしこれは、自然分娩で、特別なケアが必要ない場合の金額。
帝王切開など難しいお産になってしまったり、マタニティ・ブルーなどでメンタルケアが必要になった場合は、また別途費用が掛かってきます。

念のため、万が一を考えると、100万円ほど用意しておくほうが安心です。


「そんなにお金がかかるの!?じゃあ貯金なしの私じゃ絶対無理…」
「うちの旦那は稼ぎも少ないし、子供は諦めるしかない…」

なんて、落ち込まなくても大丈夫!
実は、この費用は全額自己負担しなくてもいいんですよ!

国からもらえる出産一時金、なんと42万円!

実は、赤ちゃんを産むと、国からお金がもらえるって知っていましたか?
「出産一時金」で、なんと42万円ももらえるんです!

これだけで、出産費用の半分ぐらいはクリアできます。


≪ここまでのまとめ≫
・出産費用の目標 … 100万円
・国からの出産一時金 … 42万円
・残りの目標額 … 100万円 – 42万円 = 58万円


というわけで、残りは58万円。
これをどうやって用意するかが、鍵になります。
まだまだ大金に思えるかもしれませんが…。
実は、貯金ナシでも何とかなる方法もあるんですよ!

貯金ナシでも、出産費用を用意する方法

(1)両親、親族に助けてもらう

「子供を産みたいけれど、お金が不安で…」

そんな事情があるなら、ご両親やご家族に相談してみてはいかがでしょうか?
きっと、親身になって力になってくれるはずです。

ただし、何らか事情があって、家族や親族を頼れない…という場合は、この方法も頼れませんよね。
ですが大丈夫。それでもまだ、方法はあります。

(2)彼(パートナー)に頑張ってもらう

パートナーの男性に、頑張ってお金を稼いでもらう…という方法もあります。
妊娠が発覚してから、出産までの間に、何か月間かありますよね。
その間だけでも彼に頑張ってもらって、お金を用意できれば、安心した出産ができるはず。

ただし、「本業が忙しくて、副業をする余裕がない」「そもそも職場が副業禁止」など、できない事情もあります。
そうした場合も、「彼が理解してくれない、協力してくれない」なんて思わずに、二人でまた別の方法を検討していきましょう。

(3)カードローンを利用する

銀行のカードローンで、お金を借りて用意する方法もあります。

「後から返済が大変にならない?」
「私でも本当に借りれるの?」

などなど、心配事もたくさんあると思いますが…。
実際に、カードローンでお金を借りて、出産費用を用意した方もけっこういるんですよ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
安心のおすすめカードローン

プロミス

金利:年4.5~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
Webなら即日融資も可能

プロミスは365日24時間いつでもお申込が可能です!審査結果も最短30分&Webなら即日融資も可能なので、早くお金を借りたい人におすすめ!

女性オペレーターが対応!男性の方もお申し込み可能です

SMBCモビット

金利:年3.0%~年18.0%
「キャッシングは不慣れで不安…」
「電話のやりとりは苦手…」
「家族にバレずに利用したい…」

そんな方にお勧めしたいのが、このSMBCモビットです。 Web完結申し込みプランの場合、カードレス(カード発行なし)、電話連絡もありませんし、書類の郵送が無いのも好ポイントです。 もちろん、通常のカード発行申し込みのプランもあります。

このページの先頭へ